Special Life

自分だけの特別な人生を生きよう

*

【人が休んでいるときに行動するから抜きん出た結果を出すことができる】

   

スポンサーリンク

 

自分が望む分野で飛び抜けた結果を出していきたいと思う場合、やるべきことは一つです。

 

 

それは他の人よりも圧倒的に多い行動を起こすこと。

 

 

結果は行動についてくるものですから、どれだけ多くの行動を実行できたかで得られる結果が決まってきます。

 

 

行動するための時間は、誰もが平等に与えられています。

 

 

その時間を有効に活用し、いかに行動量を増やすことができるかで、飛び抜けた結果が得られるかどうかが決まります。

 

 

行動量を増やすための一つの方法が、人が休んでいるときに行動するということです。

 

 

例えば、

 

 

通勤電車で人がスマホでゲームしたり漫画を読んでいる時間に、本を読んだり、今日の作業スケジュールをまとめる時間にあてる。

 

 

人がランチして休憩している時間に、お客様とランチミーティングする。

 

 

人が仕事を終え、テレビを見ている時間に、勉強をしたり、セルフカウンセリングをする時間にあてる。

 

 

等々

 

 

人が行動していない時でも、自分は行動を積み重ねていくことで、行動量を多くすることができるのです。

 

 

抜きん出た結果を出している人は、誰もが人よりも圧倒的に多くの行動をしています。

 

 

人が休んでいるときこそ行動を起こしていきましょう。

 

 

その行動量の差が、抜きん出た結果へとつながっていくのです。

 

 

 

〜より良い人生にするためにオススメの本〜

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 - 成功哲学