Special Life

自分だけの特別な人生を生きよう

*

【余裕を設ける】

   

スポンサーリンク

ajisai_0003.jpg
夢・目標に向かい行動計画を立てる時、やるべきことが多いと予定を隙間なく埋めることもあるでしょう。
全て予定通り進み、順調に行動できているときは良いですが、毎日順調に行動できるとは限りません。
想定外のことは起きるものです。
突発的な予定が入ったり、
予定通りに終わらず時間をオーバーしたり、
渋滞に巻き込まれ、移動時間がかかってしまたり、・・・
このような想定外の出来事があると、計画通りに実行することができなくなってしまいます。
予定を実行できないということは、モチベーションの低下にもつながりますので注意が必要。
また人との待ち合わせ等の約束に間に合わなかったり、ドタキャンになるようなことになれば信頼を失うようなことになりかねません。
ですから予定はあまり詰め込み過ぎず、余裕をもってスケジューリングすることがおすすめです。
その余裕があることで、何か起こっても対応する時間を確保することができます。
これにより、その日に必ずやると決めたことを確実に実行できるようになるわけです。
全てが順調に進んだときは、余裕をみていた時間が余ることになります。
余裕があるときにやることを決めておけば、その余裕時間を無駄にすることなく有効に活用することができます。
本を読む時間にあてたり、
自分と向き合う時間にしたり、
好きな音楽を聴くなどリフレッシュの時間にあてたり、
様々な活用ができることでしょう。
夢・目標を立てた時はテンションが上がりますので、予定を詰め込んで沢山行動したくなることもあるでしょう。
しかし余裕のない計画はいつか無理が生じて破綻してしまいます。
行動計画を立てる時は余裕を設けることも意識しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 - 成功哲学