Special Life

自分だけの特別な人生を生きよう

*

【強力な信念を作り出すテクニック 〜インカンテーション〜 】

   

スポンサーリンク

image

 

より良い人生に向かっていこうとするときに、正しい信念を持っていることが重要です。

 

 

信念には現実を決定する強力な力があります。

 

 

誤った信念を持っていると、自分に望む方向に人生を変えていくことは不可能といってよいでしょう。

 

 

例えば「わたしにはできない」とか「どうせ無理」というような信念を持っていたら、何をやってもうまくいきません。

 

 

より良い人生を目指していく上で、もし誤った信念を持っている場合は、正しい信念に変えていく必要があるのです。

 

 

 

信念を変えるために最高の方法は深層自己説得です。

 

 

深層自己説得とは、自分が望む信念を繰り返し繰り返し唱えることによって、潜在意識にその信念を浸透させていく方法。

 

 

自己暗示、アファメーション、インカンテーションなどと呼び方は様々ですが、望む信念を潜在意識に浸透させていくという点において同じものです。

 

 

この中でインカンテーションというテクニックが自分にとって一番理解しやすく、効果も絶大だったので紹介します。

 

 

正しい信念、例えば「わたしはできる!」というような信念を潜在意識に浸透させるためには、繰り返し繰り返し唱えることが効果を発揮します。

 

 

しかし、小声で「わたしはできる。わたしはできる。わたしはできる。…」と繰り返しても効果は薄いのです。

 

 

何度唱えても、自分の中から「わたしができるわけない」と否定するような声が聞こえてくることでしょう。

 

 

インカンテーションのポイントの一つは唱える時に感情をのせること。これにより否定的な声がでてこなくなります。

 

 

感情を込め、確信を持った大きな声で「わたしはできる!わたしはできる!わたしはできる!」と唱えるのです。

 

 

大きな声で唱えることによって、さらに感情も高ぶってきますので、より確信を込めて唱えることができるようになります。

 

 

これにより自分の中の否定的な声がでてこなくなり、正しい信念を肯定的に受け入れることができるようになります。

 

 

そしてインカンテーションのもう一つのポイント。声だけでなく体の動きを活用します。

 

 

人はコミニュケーションで、言葉、声のトーン、体の動きの3つを使います。

 

 

相手に伝わるのにそれぞれが占める比率は、言葉が7%、声のトーンが38%、体の動きが55%といわれています。

 

 

言葉よりも声のトーンの方が圧倒的に割合が高く、さらに体の動きの方が割合が高いのです。

 

 

インカンテーションでは、この体の動きを活用します。

 

 

大きくガッツポーズを繰り返したり、飛び跳ねたりと、より激しくダイナミックな動きをすればするほど高い効果を生み出します。

 

 

感情を込め、大きな声で、体をダイナミックに動かしながら新しい信念を繰り返し唱えていると、体の内から身が震えるぐらいの物凄い自信が溢れ出してきます。

 

 

 

 

是非一度、このインカンテーションをやってみてください。

 

 

実際にやってみることで、その絶大な効果に驚き、そして感動すら覚えることでしょう。

 

 

そしてこのインカンテーションを繰り返し繰り返し実行していくことで、強力な信念が身につき、より良い人生に向け自信を持って歩むことができるようになるのです。

 

 

 

 

〜より良い人生にするためにオススメの本〜

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 - 成功哲学