Special Life

自分だけの特別な人生を生きよう

*

願い念じることが大事ですわ ~松下幸之助~【名言から学ぶ成功哲学】

   

スポンサーリンク

 

 

「願い念じることが大事ですわ。」

 

 

これは松下幸之助氏がダム式経営について講演した時の言葉です。

 

 

ダム式経営とは、ダムが水を貯め、流量を安定させるような経営をすべきだということ。

 

 

例えば好景気だからといって、その時の流れにまかせて経営するのではなく、景気が悪化した時に備えて資金を蓄える。

 

 

このように余裕を持った経営をすることで、外部の情勢に大きな変化があったとしても、あたかもダムの流量調節のように適切に対応し、安定的な発展を遂げていくことができるというものです。

 

 

松下氏の講演でこの内容を聞いた参加者の一人が、

 

 

「ダム式経営の大切さはわかるが、そのやり方がわからないから困っているんだ。」

 

 

と質問。

 

 

これに対する答えが、

 

 

「まず、ダムを作ろうと思わんとあきまへんなあ。願い念じることが大事ですわ。」

 

 

というものでした。

 

 

ダム式経営を実践するためのノウハウを聞けると思った質問者や他の参加者は、拍子が抜けて落胆するやら失笑するやら。

 

 

しかし、この「願い念じることが大事」というのが成功の扉を開く鍵なのです。

 

 

「願い念じることが大事」と聞いて、多くの人が真に受けていない中、一人その重要性に気づき、衝撃を受けた人物がいます。

 

 

その人物とは、売上高1兆円を超えるグローバル企業「京セラ」の創業者 稲盛和夫氏です。

 

 

稲盛氏は、実現しようとおもったことを、本気になって願い念じることの凄さ・重要性を理解したのです。

 

 

どうしたらダム式経営ができるのだろうか?

 

 

こうしてみたらできるだろうか?

 

 

これがだめなら次はこうしてみたらどうか?

 

 

本気で願い念じれば、実現するためのありとあらゆる方法を考え出します。

 

 

そして考えた方法を実行し、失敗したら改善して行動し、あるいは他の方法を試してみる。

 

 

それを繰り返しているうちに結果が出始め、最終的に実現することができるのです。

 

 

すべては願い念じることからはじまります。

 

 

逆に願い念じることがなければ、何も実現することはできません。

 

 

本気で願い念じれば、自分の持っている無限の可能性を解き放ち、願いを現実のものへと変える力を生みだすのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 - 名言から学ぶ成功哲学