Special Life

自分だけの特別な人生を生きよう

*

【思春期の栄養】~年代別の栄養~

   

スポンサーリンク

 

特徴

 

思春期(12~17歳)は、第二次性徴の時期であり、必要なエネルギー量が最も高い時期です。

 

この時期に栄養の不足や偏りなどで発育が抑制されると、将来の健康にも悪影響を与えかねません。

 

また、生活習慣が自立するようになり、自ら選んで食事をする機会も増えます。

 

運動量は個人差が大きいため、活動量に合ったエネルギー量を摂取します。

 

この時期の目標は、正しい生活習慣を実行することです。

 

思春期の栄養の問題と対策

 

(1)食事の内容

必要エネルギー量が最も大きい時期です。

 

学校給食でこれまで補えていた栄養素も、給食がなくなることで不足しやすくなります。

 

この時期は、バランスのよい食事を規則正しく取り、特にカルシウムやタンパク質、ビタミン、鉄などの不足に注意します。

 

(2)食習慣

生活習慣の自立により、保護者から離れて自ら選んで食事をする機会が増え、簡便な食事や好みの食事中心になりやすくなります。

 

また、塾通いのために不規則な生活習慣や食事の時刻が遅くなることもあり、食習慣が乱れやすい時期ともいえます。

 

夕食の時刻の遅れは、翌朝の朝食の欠食にもつながりかねません。

 

また、食習慣の乱れと併せて、食事内容も乱れやすくなります。

 

この時期は、一人で食べる孤食も増えやすいですが、できるだけ家族や仲間と楽しい食事ができるように配慮し、正しい食の知識と実行できる力を身に付けることが必要です。

 

(3)痩身志向

特に、女子において痩身志向がみられる時期です。

 

女子は思春期になると、体型がふっくらと女性らしくなってきます。

 

この自然な発育・発達による体の変化を受け入れられず、肥満体型であるか否かにかかわらず「やせている」というボディイメージを求めて食事量を減らしたり、欠食をしてしまいます。

 

これは、やせている方がよいとされる現代の偏った風潮や、漫画やモデルの容姿といったマスメディアを通じた情報が大きく影響しています。

 

やせたいあまりに必要以上に食事の制限をすることによって、体重の減少だけでなく、不可欠である栄養素が不足し、貧血や体力低下、食欲不振、月経異常を引き起こすこともあります。

 

(4)食欲不振

感情が不安定なとき、精神面に起因する食欲不振がみられます。

 

感情が不安定になることで、自律神経の緊張を高めて消化管の運動を抑制し、その結果、消化液の分泌が抑制され食欲不振を招きます。

 

肥満を恐れて食べることを拒否することも、食欲不振の原因になります。

 

極度に体重が減少すると、体を構成しているタンパク質が分解されてエネルギーとして使われたり、基礎代謝の低下、低体温、徐脈、低血圧、女子では月経異常などの症状が起こります。

 

(5)貧血

この時期は、著しい体位の向上や女子の場合は月経のため、体内の鉄が不足しやすく、生理的に貧血になりやすいです。

 

軽度な場合には症状が現れませんが、貧血の傾向があると酸素が十分に組織に供給されないため、集中力や持久力、学習能力の低下など学校生活への影響が大きいといわれています。

 

原因としては、欠食や偏食、食欲不振などによって、鉄の摂取量が不足することなどが考えられます。

 

貧血を予防するために、1日3回の食事を規則正しく、鉄の多い食品を取ることを心掛けます。

 

思春期の貧血は、将来の潜在的な貧血や妊娠貧血との関係が深いです。

 

そのため、この時期から予防をしておく必要があります。

 

 

 

 

 

年代別の栄養に関するまとめ記事はこちら

【年代別の栄養】

 

 

健康管理士について知りたい方はコチラをご覧ください。

http://www.healthcare.or.jp


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 - 健康管理士の健康講座, 年代別の栄養