Special Life

自分だけの特別な人生を生きよう

*

【他人事ではなくて自分事としてとらえると影響の輪が広がる】

   

スポンサーリンク

 

他人が大変な状態であるときに、他人事としてみているよりも、自分の事としてとらえると、自分の影響力が上がります。

 

 

他人事としてとらえると、自分には関係ないというスタンスになり、その大変な状況を見ているだけで終わります。

 

 

その状態では、何の影響力もないことになります。

 

 

自分事としてとらえると、その人の大変な状況を改善しようと、自分にできることを探し始めます。

 

 

そして、できることを実際に行動に移していくのです。

 

 

これにより、他人事としてみていた時には全くなかった影響力を発揮することができるようになります。

 

 

大変な状況を乗り越えることに協力することで、自分の力が与える影響力を広げることができるのです。

 

 

また、自分が行動することで、成長へとつなげることもできます。

 

 

そして結果を出しつづけていくことで、感謝してくれる人もあらわれることでしょう。

 

 

人の感謝を集めることができれば、そこでも影響の輪が広がっていきます。

 

 

他人事を他人事として終わらせるか。

 

 

それとも自分事ととらえて行動するか。

 

 

どちらを選択するかで、自分が世の中に与える影響力の大きさが決まっていくのです。

 

 

 

〜より良い人生にするためにオススメの本〜

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 - 成功哲学