Special Life

自分だけの特別な人生を生きよう

*

【できると考えているとできる理由が浮かび、できないと考えているとできない理由ばかり浮かぶ】

   

スポンサーリンク

 

人は自分が意識を集中している方向の答えを導き出そうとします。

 

 

例えば、難題に向き合った時に、できると思って向き合うか、できないと思って向き合うかで、得られる答えは全く違ったものになります。

 

 

できると思っていると、どうすれば難題を解決することができるかということに集中して考えるようになります。

 

 

すると、こうすれば解決できるんじゃないか、ああすれば状況をよく変えられるんじゃないかと、できる理由が次から次へと浮かんできます。

 

 

逆にできないと思っていると、難題を解決することは難しいと思っているので、できない理由ばかりが浮かんでくるようになります。

 

 

この状況ではもう不可能だとか、自分にできることはもうないとか、解決につながるようなことは全く浮かばず、難題に屈してしまうのです。

 

 

できるかできないかは、その人の能力というよりは、できると考えているか、できないと考えているかによる影響の方がはるかに大きいのです。

 

 

どこに意識を集中するかで得られる結果は全く違うものになります。

 

 

自分が望む結果を得られるよう、意識を集中する方向には気をつけていきましょう。

 

 

 

〜より良い人生にするためにオススメの本〜

 


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 - 成功哲学