Special Life

自分だけの特別な人生を生きよう

*

割烹魚政〜水戸にある創業明治三十六年の老舗で絶品あんこう鍋を食す!〜

      2017/03/05

スポンサーリンク

茨城県水戸市にある割烹魚政。

image

創業明治三十六年という老舗。その雰囲気を醸し出す入口。

image

仙台から千葉県銚子市へ帰省の途中、水戸に立ち寄り行ってきました。

目的は茨城名物のあんこう鍋。早速紹介していきます。

魚政のあんこう鍋

女将さんに聞いたところ、あんこう鍋の味付けにはいろんな種類があるそうです。

茨城名物のあんこう鍋のベースは味噌とのこと。

そしてつゆの中にあん肝がたっぷり入っています。

そして具材がこちら。image

あんこうは食べられないところがないといわれるぐらい。

身はもちろんのこと、胃、えら、皮など多くの部位が入っています。

女将さんが丁寧に一つ一つの部位を説明してくれました。

そして最初は女将さん自ら鍋を作って、取り分けてくれました。

image

ベースが味噌味のつゆに、あん肝が加わることで、非常に深みのある味に仕上がっています。

image

皮やヒレのほうはコラーゲンたっぷりで、口の中でプルプルした食感が楽しめます。

身の方は淡白な味が味噌味のつゆとマッチして美味しくいただきました。

あんこうは食べられないところがないといわれるほど、様々な部位を食べることができるので、いろんな味・食感を楽しむことができました。

あんこう鍋を堪能したあとの締めは雑炊にすることに。

雑炊も店員が作ってくれました。

image

つゆにあん肝の旨味、さらに鍋で使った野菜の旨味も加わって絶品でした。

あんこう鍋、締めの雑炊まで含めて大満足でした。

オススメです!

その他の一品料理

あんこう鍋だけでなく一品料理もいただいてきたので紹介します。

まずはビールで乾杯。

image

最初はお通しのあん肝豆腐。

豆腐の中にあん肝が入っています。

image

あん肝の風味が口の中に広がって、これは美味しい。

お通しでこの美味しさとは期待が高まります!

image

続いてあん肝。

image

今まで食べてきたあん肝は何だったのかと思うほど美味しいあん肝で大満足。

水戸の名物といえば納豆。

ということで納豆の天婦羅をオーダー。

納豆を海苔、しそ、餃子の皮で包んで天婦羅にしたもの。

image

納豆はひきわりでした。

image

正直これはわざわざ注文するほどのものではないかなと感じました。

いたって普通の天婦羅でした。

最後にあんこうの唐揚げ。

image

淡白でスッキリ食べられる唐揚げ。

僕はちょっと物足りない感じでしたが、妻はこの唐揚げが一番美味しかったそうです。

まとめ

あんこうの料理に関しては大満足!

想像していた以上の美味しさ。あん肝の旨味が全体的に効いていました。

あんこう以外の料理はあえて頼む必要がないかな。

あんこう料理、とっても美味しかった!

オススメです。

ホームページ

割烹魚政

 

 

関連ランキング:懐石・会席料理 | 水戸駅

 

 

水戸について興味のある方はコチラもどうぞ

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 - グルメ