Special Life

自分だけの特別な人生を生きよう

*

【書評】Debut ゼロからミリオネアを創る成功法則

   

スポンサーリンク

成功者はどういう考えを持ち、どういう行動をしていったのか。
この本は累計100万部を超えるベストセラー作家である井上裕之氏と、10年で書籍売上1000万部を超える編集者である長倉顕太氏の対談本だ。
いわゆる自己啓発本とは異なる。
井上氏が長倉氏と組んで0からスタートし、どのような考え、どのような行動を起こして成功を手にしたのかが対談という形式により具体的にわかる構成となっている。
僕はこの本を読み、本物の成功者の思考・行動に触れ魂を揺さぶられるほどの衝撃を受けた。
この本の内容と気づきについて早速紹介しよう!
結果を出すためなら死んでもいい覚悟で徹底する
みんな最初は0からのスタートである。井上氏も最初は出版経験がないわけだから、当然0からスタートしたわけである。
井上氏には本を出版したい思いがあり、そしてやるからには一番でなければいけないという思いがあったという。
出版に向け沢山のアクションを起こしている中で、長倉氏から出版のオファーがきた。
井上氏は昔から自分が一番になるには何をしたら良いかということを考えていたという。
この出版に関しても、二番になるのは耐えられないから言われたことは全部やることということを徹底した。
井上氏の凄まじさは一番になるための徹底度合いだ。結果を出すためには死んでもいいというほどの決意を持って行動している。
そして徹底しているからこそ、結果に直結することしかやらない。結果への執着があるからこそ、やらなくてもいいことをやってしまうこともない。
逆に結果につながることは何でもやる。ここで泥臭いまでの行動力を発揮するのだ。
著者で影響力のある人にはいくらでも頭を下げたという。井上氏は北海道在住だが、福岡に影響力がある人がいれば福岡まで頭を下げに行ったという徹底ぶりだ。
その徹底ぶりは長倉氏に
「あれだけやった人は本当に見たことがない」
と言わしめるほどのレベルだったという。
この徹底した姿勢が初出版でアマゾン総合一位という結果をもたらすわけだが、ここに至るまでの思い、行動が本気で決断するとはどういうことなのかを教えてくれた。
結果を出すことに完全にコミットメントしているのだ。アマゾン総合一位を取る以外の選択肢は全くない!
命がけで行動しているからこそ、アマゾン一位になった時は応援してくれたみんなに泣いて電話したそうだ。本気の思いが伝わっているからこそ電話を受けたみんなも泣いていたという。
この本気の行動から四年後、他の出版社の方から「あの伝説のアマゾンキャンペーンをやった井上さん」と言われるほど記憶に残るほどの快挙を成し遂げた。
結果を出すために死んでも良いぐらいの覚悟を持って徹底する。
これほどの思い・情熱が多くの人を巻き込み記憶に残るほどの成果を成し遂げたのだろう。
本気ということの凄まじさを強烈な印象を伴って教えてくれた。
伸びる人と伸びない人との違い
伸びる人は言われた以上のことをやる。
要求以上にやっているつもりの人はたくさんいるが、本当に要求以上にやっている人はほとんどいないという。
例えば本を渡し、感想を書いて提出するよう言ったとする。
この時に「いつまでですか?」と聞くようではその時点でダメ。
その日の夕方には感想をメールで送るとか、翌日朝一番に届けにくる。このぐらいの情熱がある人が期待以上にやる人だという。
このように期待以上のことをする人が光を放ちチャンスをつかむ!
このことからも一般の人とは視点が全く異なることを感じた。
人と違う結果というのは人と違うことをやるから出せるということである。
例えばセミナーにおいても一般の参加者の中に埋もれるのではなく、輝きを放つような存在でなければならない。
セミナーに参加するときの最初の心構えからして違うということだ。
結果を出すまではNoを絶対に言わない
自分を引き上げて結果を創り出そうとしてくれている人の要求は、その人を信じて全部受け入れる。
実際、井上氏は長倉氏からの要求は絶対に断らない。
どんな予定も調整して要求を受け入れている。
これも普通なかなかできることではない。自分の都合、周りの環境を言い訳にしないのだ。
最高のパートナーと組む
自分はまだまだだからといって中途半端な人と組まない。最高の人と組むからこそ最高のレベルを知ることができる。
実力がないからといって遠慮してはいけない。実力がないからこそ最高の人と組まなければいけないと井上氏は言う。そうすることで自分の感覚知が伸びる。最高ということにこだわって生きるからこそ、最高のものと、そうでないものの違いがわかるようになる。
まとめ
成功する人はやるべきことを徹底して実行している。そこに妥協というものは一切ない!
死んでもいいほどの覚悟。
成果を出すための徹底した行動。
言われた以上のことをやる。
Noを絶対に言わない。
最高のパートナーと組む。
本書を読み、井上氏も長倉氏も、これだけの思い・行動をしていたら成功して当然だと感じた。そして自分にだってできるはずだと熱く魂を揺さぶられる一冊だった。
これからも何度も読み返し、自分の中に浸透させよう!

デビュー ゼロからミリオネアを創る成功法則 デビュー ゼロからミリオネアを創る成功法則
(2015/03/29)
井上裕之、長倉顕太 他

商品詳細を見る

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 - 書評