Special Life

自分だけの特別な人生を生きよう

*

【運動の効果〜心に及ぼす影響〜】

   

スポンサーリンク

image

 

運動には心理的緊張をやわらげ、日常的な欲求不満、あるいは葛藤の解消に役立つと考えられています。

 

 

また各諸器官に刺激を与え、ストレスに対しての抵抗力を高めます。

 

 

運動を適度に行った後は、気分が爽快になり、意欲も湧いてきます。

 

 

また、不快な時に運動することで、一時的に不快感が解消します。

 

 

この例のように、適度な運動は感情面にプラスの効果を及ぼすのです。

 

 

これにより運動は、より良い心理状態を作り出すことに役立ちます。

 

 

運動の心理的効果の科学的根拠

 

<運動の中枢神経への影響>

緊張や興奮などの情緒が変化するとともに、記憶、イメージ、判断などの思考にも影響します。

 

 

<エンドルフィン効果>

ジョギングのような持久的運動により、脳内でエンドルフィン(モルヒネのような陶酔効果を持つ物質)が増加し、心理的な爽快感を生み出します。

 

 

<カタルシス効果>

敵意、緊張や不安のような不快な感情を発散させることをカタルシス(浄化)といいます。

運動にはこれと同じような効果があります。

 

 

<体力増進によるボディイメージや自己概念への影響>

 

 

<運動により生じる親和感による情緒面への効果>

 

 

<身体組織の活性化による運動後の爽快感>

 

 
上記の運動効果は、単一あるいは複合して、一時的あるいは累積された形で、多種多様な影響を心理的に与えています。

 

 

運動はストレスの解消やストレスの耐性強化にとどまらず、抗不安作用、抗うつ作用が知られています。

 

 

そのため、これらの心理的効果は、心の健康づくりやストレスが原因となる疾患の予防や治療、精神科領域の治療にも応用されているのです。

 

 

 

 

 

 

健康管理士について知りたい方はコチラをご覧ください。

http://www.healthcare.or.jp

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 - 健康管理士の健康講座, 運動と健康