投資

GMOコイン~ドルコスト平均法を使った仮想通貨への小額投資なら手数料が低くて便利な取引所~

ドルコスト平均法を使い、小額・長期保有で仮想通貨投資をするなら取引所はGMOコインが向いている。

僕自身が仮想通貨投資(主にビットコイン)を始めるために、金融庁登録済みの仮想通貨交換業者一覧に掲載されいる主な取引所を比較して検討。

そして実際にGMOコインで仮想通貨投資をスタートしました。

 

下記の点でGMOコインが他取引所より優れていたので紹介していきます。

GMOコインの優位点(小額投資・長期保有)

・ビットコイン売買手数料が安い

・日本円の入金手数料が無料

・レンディング(貸仮想通貨サービス)に対応

上記の内容について詳しく説明します。

 

2021年5月15日に口座開設が完了し、翌日から実際にビットコインを購入。

実際に利用してみての情報・感想も追記していく予定。

 

僕と同じく、仮想通貨に投資してみたいと考えている方の参考になったら幸いです。

GMOコインのウェブサイトはこちら

GMOコインの優位点:ビットコイン売買手数料が安い

GMOコインの優位点_ビットコイン売買手数料が安い

「ドルコスト平均法」を使って投資するということは、定期的に仮想通貨を購入することになる。

ドルコスト平均法

一定の金額で、定期的に、同じ投資対象を買い続けるという投資の方法

定期的に購入するなら手売買手数料が安い取引所の方がお得。

 

そしてもう一つ。

仮想通貨は「取引所」と「販売所」のどちらかで売買します。

取引所を利用した方が手数料を安く抑えることができる。

取引所

売買価格を指定できる(指値注文)

マッチングが成立しなければ売買できない

販売所

希望の数量の売買が可能

スプレッド(購入価格と売却価格の差)が大きい

販売所は手数料無料の場合でも、実質スプレッドを手数料として支払うようなもの。

購入価格は取引所よりも高くなる場合が多い。

 

そこで小額投資の場合、取引所で購入することを前提にして売買手数料をチェックするのが大事。

少ない資金なら手数料は安く抑えておきたい。

GMOコインは売買手数料が他の取引所と比べて安い方になっています。

~取引所でのビットコイン売買手数料比較~

売買手数料 GMOコイン bitFlyer※ コインチェック ビットバンク BTCボックス
Taker手数料 0.05% 0.01~0.15% 0.000% 0.12% 0.05%
Maker手数料 -0.01% 0.01~0.15% 0.000% -0.02% 0.05%

※bitFlyerは直近30日の取引量で決まる。10万円以下なら0.15%

GMOコインでMakerとして購入すれば、手数料は-0.01%。

マイナスということは手数料がもらえるということなのでお得に購入できます。

 

プラスの場合は手数料を支払うことになります。

 

この表ではビットバンクのMaker手数料が最もお得ですが、次の日本円の入出金手数料が高い。

その点を考慮するとGMOコインの方がお得です。

GMOコインなら確実にマイナス手数料をもらえる

GMOコインは海外の主要な取引所で導入している「Post-Only」を国内で初めて導入しています。

Post-Onlyで注文を設定すると、Takerとなる注文は取り消され、Makerとなる注文のみが発注されるんです。

Post-Onlyなら確実にMakerのマイナス手数料を受け取ることができてお得です。

GMOコインの優位点:日本円の入金手数料が無料

GMOコインの優位点_日本円の入金手数料が無料

小額投資の場合、資金に余裕がなければ頻繁に日本円を入金する必要がある。

そのため入金手数料が安いほうがいい。

GMOコインは入金手数料も他の取引所に比べてお得です。

~取引所への日本円入金手数料比較~

入金手数料 GMOコイン bitFlyer コインチェック ビットバンク BTCボックス
銀行振込 各銀行所定額 各銀行所定額 各銀行所定額 各銀行所定額 各銀行所定額
クイック入金 無料 330円(税込)

SBIネット銀行のみ無料

770円(税込)(3万円未満)
1018円(税込)(3万円以上50万円未満)
入金金額×0.11%+495円(50万円以上)
無料

 

銀行振込はどの取引所も振込手数料がかかるので同じ。

 

クイック入金を利用するとGMOコインとBTCボックスは無料で入金できます。

小額投資において振込手数料は無視できない金額

例えばコンチェックでクイック入金する場合、振込手数料は3万円未満の入金で770円もかかる。

小額投資で770円を回収するのは大変。

1万円を年利6%で運用しても1年で600円と、1年間かけても回収できない。

小額投資だからこそ振込手数料無料というのは重要なポイント。

ビットバンクとGMOコインの比較

先ほどの売買手数料ではビットバンクのMaker手数料がGMOコインよりもお得でした。

・ビットコイン Maker手数料 -0.02%(1万円当たり2円)

・GMOコイン  Maker手数料  -0.01%(1万円当たり1円)

入金手数料はGMOコインならクイック入金にすることで無料。

これに対し、ビットコインはクイック入金に対応しておらず各銀行の振込手数料がかかる。

振込手数料は数百円程度かかってしまうもの。

売買手数料と入金手数料を考慮すると、小額投資ならGMOコインの方がお得になります。

スポンサーリンク

GMOコインの優位点:レンディング(貸仮想通貨サービス)に対応

GMOコインの優位点_レンディング(貸仮想通貨サービス)に対応

長期保有するならばレンディングを利用することで利息がもらえます。

レンディングとは

決められた年率でレンディングサービスを提供する取引所に仮想通貨を貸し出す。

最大年率5%の取引所もあり。

決められた一定期間、貸した仮想通貨は拘束されるので動かすことはできない。

自分で保管しているだけでは仮想通貨の量は変わらない。

貸し出すことで利息がもらえるので、長期保有するなら利用しない手はないサービス。

~取引所のレンディング比較(ビットコイン)~

GMOコイン bitFlyer コインチェック ビットバンク BTCボックス
最低貸出数量 0.1BTC 1万円相当以上 1BTC
貸出期間・年利 1ヶ月:1%
3ヶ月:3%
14日:1%
30日:2%
90日:3%
180日:4%
365日:5%
送付手数料0.001BTC
365日:1~3%

 

GMOコインは0.1BTCから利用することができる。

小額投資の場合、将来的に利用を考えることができる。

(1BTC=620万円だと0.1BTCは62万円。コツコツ積み上げてからの利用になる。)

 

コインチェックは送付手数料が0.001BTCと高額。

1BTC=620万円とすると、(2021/5/9の価格)

レンディングするために貸し出すと、0.001BTC=6200円もかかってしまう。

これは124,000円分のビットコインを365日貸し出して回収できる金額。

とても小額投資向けとはいえない。

 

ビットバンクは1BTC(=620万円)からの利用なので、小額投資では利用できるのが相当先の話になってしまいます。

 

小額投資でレンディングの利用が現実的なのはGMOコインだけです。

(とはいえ0.1BTCからなので、そこまで保有してからになります。)

GMOコイン:口座開設にかかる時間のばらつきが多いので注意

GMOコインの優位点_口座開設にかかる時間のばらつきが多いので注意

GMOコインの口座開設にかかる時間は最短10分。

しかし、ばらつきが大きいので注意。

早かったらラッキーという程度で、気長に待った方がよさそう。

僕自身は8日間かかりました。

 

この方は約20分で口座開設完了。

この方は2週間もかかっています。

口座開設は無料なので、すぐにでも投資してみたいという方は早めに手続きを進めておいた方がよさそうです。

GMOコインのウェブサイトはこちら

スポンサーリンク

GMOコイン:口座開設方法

GMOコインの優位点_口座開設方法

口座開設の方法を一つ一つ詳しく紹介しておきます。

 

まずGMOコインのウェブサイトにアクセスします。

GMOコインのウェブサイトはこちら

 

「口座開設」をクリック。

01_GMOコイン口座開設_口座開設ボタン

 

口座開設の画面に移動します。

口座開設するには下記の3つの方法があります。

口座開設の3つの方法

・メールアドレスで口座開設

・Facebookで口座開設

・Googleで口座開設

この記事ではメールアドレスで口座開設した例で説明していきます。

メールアドレスを入力し、「口座を開設する」をクリック。

02-2_GMOコイン口座開設_メールアドレス_Facebook_Googleで口座開設

 

入力したメールアドレスに認証メールが送信されます。

03-2_GMOコイン口座開設_認証メール送信

 

受信したメールを開き、リンクをクリックします。

04-2_GMOコイン口座開設_認証メール

 

パスワードの設定画面に移動します。

ここでパスワードを入力し「設定する」をクリック。

05-2_GMOコイン口座開設_パスワード入力

 

パスワードの設定が完了したら、「ログイン画面へ」をクリック。

06-2_GMOコイン口座開設_ログイン画面へ

 

 

ログイン画面で、メールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」をクリック。

07_GMOコイン口座開設_ログイン

 

電話番号を入力します。

これはログインに必要な2段階認証コードを送るために必要になります。

08-2_GMOコイン口座開設_電話番号による認証

2段階認証

2段階認証とは、自分で設定したログインパスワード以外に、別途発行される認証コードによる確認を行う仕組み。

2重にロックすることで不正アクセスを防ぎ、安全性を高めます。

 

設定した電話番号に間違いがないことを確認したら、「コードを送信する」をクリック。

09-2_GMOコイン口座開設_SMSによる認証設定

 

登録した電話番号宛に2段階認証コードが届きます。

(固定電話の場合は音声にて通知)

26_GMOコイン口座開設_SMSによる2段階認証コード

 

電話に送られてきた2段階認証コードを入力し、「認証する」をクリック。

10-2_GMOコイン口座開設_SMSで認証する

 

これで認証は完了です。

続いて口座開設のための情報を入力していきます。

「開設申込へ進む」をクリック。

11-2_GMOコイン口座開設_認証完了

 

まず「お客様情報の登録」に情報を入力し、「次へ」をクリック。

12_GMOコイン口座開設_お客様情報の登録01 13_GMOコイン口座開設_お客様情報の登録02

 

続いて「お取引に関する情報の登録」に情報を入力し「確認画面へ」をクリック。

14_GMOコイン口座開設_お取引に関する情報の登録01 15_GMOコイン口座開設_お取引に関する情報の登録02 16_GMOコイン口座開設_お取引に関する情報の登録03 17_GMOコイン口座開設_お取引に関する情報の登録04 18_GMOコイン口座開設_お取引に関する情報の登録05

 

「入力内容の確認」で内容を確認し、利用規約に同意したら「口座開設申込」をクリック。

これでお客様情報の登録は完了です。

19_GMOコイン口座開設_入力内容の確認01 21_GMOコイン口座開設_口座開設申込

 

続いて本人確認の手続きに入ります。

手続きの方法は下記の3つ。

本人確認の3つの方法

①かんたん本人確認

オンラインで本人確認が完了するので最短10分で購入手続きに進める。

※手続きにはスマートフォンが必要

②画像アップロード

本人確認完了まで通常3営業日以上かかります。

③配達員へ提示

本人確認完了まで通常3営業日以上かかります。

この記事では①のかんたん本人確認で手続きを進めていきます。

かんたん本人確認の「選択する」をクリック。

22_GMOコイン口座開設_本人確認手続きの選択01 23_GMOコイン口座開設_本人確認手続きの選択02

 

QRコードが表示されるので、スマートフォンで読み込みます。

24-2_GMOコイン口座開設_かんたん本人確認QRコード

Androidの場合はChrome、iPhoneの場合はSafariを起動します。

本人確認の流れが表示されます。

「本人確認を始める」をタップ。

27_GMOコイン口座開設_かんたん本人確認_本人確認の流れ

 

本人確認に利用する書類のボタンをタップします。

この記事では運転免許証の場合で説明します。

28_GMOコイン口座開設_かんたん本人確認_撮影書類の選択01

29_GMOコイン口座開設_かんたん本人確認_撮影書類の選択02

 

運転免許証は3回撮影を行います。

「次へ進む」をタップ。

30_GMOコイン口座開設_かんたん本人確認_本人確認書類の撮影手順

 

運転免許証表面の撮影方法の説明を確認したら「撮影を始める」をタップ。

31_GMOコイン口座開設_かんたん本人確認_本人確認書類の撮影_表面の撮影説明

 

免許証表面の撮影をしたら「次へ進む」をタップ。

32_GMOコイン口座開設_かんたん本人確認_本人確認書類の撮影_表面の撮影

 

運転免許証の斜めの撮影方法の説明を確認したら「撮影を始める」をタップ。

33_GMOコイン口座開設_かんたん本人確認_本人確認書類の撮影_斜めの撮影説明

 

免許証の斜めの撮影をしたら「次へ進む」をタップ。

34_GMOコイン口座開設_かんたん本人確認_本人確認書類の撮影_斜めの撮影

 

運転免許証裏面の撮影方法の説明を確認したら「撮影を始める」をタップ。

35_GMOコイン口座開設_かんたん本人確認_本人確認書類の撮影_裏面の撮影説明

 

免許証裏面の撮影をしたら「次へ進む」をタップ。

36_GMOコイン口座開設_かんたん本人確認_本人確認書類の撮影_裏面の撮影

 

続いて顔写真の撮影をします。

説明を確認したら「撮影を始める」をタップ。

37_GMOコイン口座開設_かんたん本人確認_本人確認書類の撮影_顔写真の撮影説明

 

顔写真の撮影をしたら「次へ進む」をタップ。

38_GMOコイン口座開設_かんたん本人確認_本人確認書類の撮影_顔写真の撮影

 

顔を近づける動作をして撮影するリアルタイムチェックを行います。

説明を確認したら「撮影を始める」をタップ。

39_GMOコイン口座開設_かんたん本人確認_本人確認書類の撮影_リアルタイムチェックの撮影説明

 

これで本人確認書類の撮影は完了です。

40_GMOコイン口座開設_かんたん本人確認_本人確認書類の撮影完了

 

本人確認の手続きが完了すると、口座開設申込完了のメールが届きます。

41_GMOコイン口座開設_かんたん本人確認_口座開設申込完了

 

本人確認の手続きまで完了すると審査に入ります。

審査完了するとメールが届くので到着を待ちます。

25_GMOコイン口座開設_審査中(PC)

 

審査完了すると、口座開設コードが記載されたメールが届きます。

口座開設コードを入力して「口座開設」ボタンをクリックします。

 

登録した電話番号に送られてくる2段階認証コードを入力します。

 

これで口座開設は完了です。

44_GMOコイン口座開設_かんたん本人確認_審査完了_口座開設完了

 

このまま入金手続きに進むことができます。

後からでもウェブサイトの「会員ホーム」から入金手続きをすることができます。

45_GMOコイン口座開設_かんたん本人確認_審査完了_入金画面

これで口座開設が完了し、仮想通貨投資をスタートすることができます。

口座開設手続きには時間がかかる場合がある

「かんたん本人確認」で手続きすれば最短10分とのことですが時間がかかる場合があります。

僕の場合は8日間かかりました。

その原因は本人確認に失敗し、何度もやり直しをしたから。

本人確認失敗の連絡は、すぐ来ることもあれば数日後にくることもありました。

即日口座が開設出来たらラッキーと思うぐらいの気持ちでいたほうがよさそうです。

GMOコインのウェブサイトはこちら

GMOコインの優位点:まとめ

GMOコインの優位点_まとめ

ドルコスト平均法を利用した長期保有・小額投資ならGMOコインが向いていることを紹介しました。

その理由は下記の通りでした。

GMOコインの優位点(小額投資・長期保有)

・ビットコイン売買手数料が安い(Maker手数料なら逆にお金がもらえる)

・日本円の入金手数料が無料

・レンディング(貸仮想通貨サービス)に対応

 

今後実際に利用しながら、気づいた点は随時更新していきます。

また実際の投資に関する使い方や感想については別記事を投稿する予定。

GMOコインでの仮想通貨投資に興味を持った方のお役に立てたら幸いです。

GMOコインのウェブサイトはこちら

仮想通貨投資の方針:参考文献

仮想通貨について今回10冊以上の本を読んで勉強。

どんな本が良いか調査した結果、ビットコインが高騰して注目を集めた2017年あたりの本に良書が集まっている。

逆に2021年4月にビットコインが700万円を超え、再び大注目を集めたが、まだそのブームに合わせた書籍で良いものは見つからなかった。

 

今回実際に学んでみて、特に役に立った本を掲載しておきます。

 

ABOUT ME
キラ
ブログ「Spesial Life」を運営しているキラと申します。 当ブログでは、たった一度の人生を豊かに彩るための情報を発信しています。 目まぐるしく変化する現代社会の中で、思うような人生を送ることができずに困っていることはありませんか? 僕自身、大学卒業後、サラリーマンとして生きていくなかで、想像していた人生とはかけ離れた不満だらけの日々を送っていました。 それがある本と出会い、考え方と行動を変えることで、自分が望むような人生が手に入ることを知ったんです。 それ以来、自分自身の考え方と行動を変えることを実践して、人生を素晴らしいものへと変えている真っ最中です。 このブログでは僕自身の実体験を踏まえた人生を変える情報や考え方を発信しています。 あなたにとって素晴らしい人生が手に入るよう、一緒に行動していきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA