グルメ

元町珈琲 せんだい市名坂の離れ〜落ち着いた雰囲気と華やかさが同居した、これからが楽しみな喫茶店〜

元町珈琲 せんだい市名坂の離れ

 

image

 

元町珈琲は、日本珈琲文化発祥の地「港元町」をイメージした喫茶店。

お客様の第二の自宅のようになって欲しいとの思いから、店名に「離れ」という名称をつけているそうです。

 

その元町珈琲が東北初出店。

image

 

3/30にオープンしたばかりです。

 

僕は気に入った喫茶店は様々な場面で活用します。

 

オープンからわずか3日後ですが、どんなお店か確認しに行ってきました。

 

オープン直後で、まだオープニングスタッフの動きはぎこちなかったですが、なかなか良い雰囲気の喫茶店でした。

 

これから活用できそうなお店が近所にできたのは嬉しい限り。

 

早速紹介します。

 

 

店内は落ち着きと華やかさが同居した雰囲気

 

店内に内装は白とダークブラウンを基調とした、とても落ち着いた雰囲気。

image

 

その落ち着いた中、所々に飾られた花が華やかさを演出しています。

image

 

また静かに流れるジャズも心地よく、居心地の良い空間になっています。

 

店内はかなり広く、スペースにゆとりがあるのも嬉しいポイントです。

 

 

こだわりの珈琲と充実したメニュー

 

注文を受けてから豆を挽いてドリップするこだわりの珈琲。

 

そして食事のメニューも充実。

 

サンドウィッチ、サラダ、パン、パスタ、ドリア、フレンチトースト等の豊富なメニュー。

そしてワッフル、ケーキなどのデザートも各種そろっているので、食事も十分に楽しめるお店です。

 

今回はランチタイムに行ってきたので、ランチメニューの中から「元町サンド やわらか三元豚カツ」をオーダー。

飲み物は「元町ブレンド」にしました。

image

 

 

少し待っていると、こだわりの珈琲が到着。

スタバやタリーズなどのセカンドウェーブコーヒーと比べると、少し優しい口当たりの飲みやすい珈琲でした。

image

 

そして元町サンド。

image

 

お肉がやわらかくて食べやすかったカツサンド。

image

 

香ばしくカリカリに揚がったフライドポテト。

image

 

ミニサラダもついてきました。

image

 

こちらは妻がオーダーした「元町サンド やみつき生姜チキン」。

 

一切れ食べてみました。

 

カツサンドも美味しかったですが、こちらの方が僕に好みに合ってました。

image

 

 

おまけのトースト。

まもなく1歳になる息子用にオーダー。

本来トーストして出てくるメニューですが、お願いしたら焼かずに提供してくれました。

柔軟に対応していただいて、ありがたかったです。

image

 

 

まとめ

 

お店自体の雰囲気がよく、もう少し店員さんが慣れてきたら、自分の好みのお店になりそうな感じ。

 

しばらくしたらまた行ってみようと思います。

 

来てみてよかったです!

 

 

元町珈琲ホームページ

http://motomachi-coffee.jp
元町珈琲 せんだい市名坂の離れ

住所 〒981-3117 宮城県仙台市泉区市名坂原田302ー1

TEL 022-725-5368

営業時間:全日 7:00-22:00(ラストオーダー21:30)

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
mitsuo
mitsuo
ブログ「Spesial Life」を運営しているmitsuoと申します。 当ブログでは、たった一度の人生を豊かに彩るための情報を発信しています。 目まぐるしく変化する現代社会の中で、思うような人生を送ることができずに困っていることはありませんか? 僕自身、大学卒業後、サラリーマンとして生きていくなかで、想像していた人生とはかけ離れた不満だらけの日々を送っていました。 それがある本と出会い、考え方と行動を変えることで、自分が望むような人生が手に入ることを知ったんです。 それ以来、自分自身の考え方と行動を変えることを実践して、人生を素晴らしいものへと変えている真っ最中です。 このブログでは僕自身の実体験を踏まえた人生を変える情報や考え方を発信しています。 あなたにとって素晴らしい人生が手に入るよう、一緒に行動していきましょう!