家電

時短したいなら水道直結型ウォーターサーバーのメリットを活用しよう!~おすすめのサーバーも紹介!~

時短したいなら水道直結型ウォーターサーバーのメリットを活用しよう_アイキャッチ

人生の時間は限られている。

その有限の時間を有効に活用するには、時短できるツールは積極的にとり入れることが大事。

僕たちが生きていく上で必ず必要なものが水。

この水にかかる時間を短縮することができるツール。

それがウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーの中でも特に時短に貢献してくれるのが水道直結型のウォーターサーバー。

その理由は次の通り。

水道直結型ウォーターサーバーが時短に貢献する理由

・ ペットボトルの水を買う手間がなくなる

・ お湯を沸かす必要がなくなる

・ ボトル式ウォーターサーバーで発生するボトルの扱う手間が不要

・ 費用を気にせず好きなだけ水が使える

これら時短につながる理由について詳しく紹介していきます。

僕自身、ウォーターサーバーを使って時短するために、18メーカー、181プランを徹底的に比較してきました。

(下図は分析した資料のごく一部)

ウォーターサーバー比較データの一部

この調査結果を踏まえ、時短に最も貢献してくれる水道直結型ウォータースタンドについて詳しく紹介。

そしてハードな本業に加え、副業を12年以上継続。時間の有効活用に関して長年実践してきた経験から、時短についての考えも交えて解説していきます。

読み終えれば、水道直結型ウォータースタンドが時短に貢献する理由がわかります。

ウォータースタンドが時短につながる理由:飲用水に関する手間が激減する

時短したいなら水道直結型ウォーターサーバーのメリットを活用しよう_ウォータースタンドが時短につながる理由:飲用水に関する手間が激減する

生きていく上で必要なのが水。

その水について、無意識のうちに結構な時間や労力を費やしているもの。

水に使っている時間や労力

・ペットボトルの水を購入

・購入した水を店頭から自宅まで運ぶ

・ペットボトルを保管

・冷蔵庫で冷やす

・お茶やコーヒーを淹れるためにお湯を沸かす

・電気ポットにお水を補充する

等々

一つ一つは大したことがないと感じるかもしれません。

この大したことのない時間の積み重ね。

この時間をカットするかしないかで人生に大きな差が生まれる。

例えば、水を買いにスーパーやコンビニに行けば、すぐに10分20分という時間を使ってしまう。

箱買いすれば、それを自宅の保管場所に運ぶ時間と労力がかかる。

冷水を飲むために冷蔵庫で冷やしたり、コーヒーを飲むためにお湯を沸かすという簡単な行動ですら、1日数分の時間は使う。

一つ一つの時間を積み上げれば、水のために1週間に1時間なんて簡単に使ってしまうもの。

時間を有効に使う上で大事なのは、ちょっとした隙間時間を上手く活用すること。

水のためにかかっている時間がなくなれば、週1時間程度は自分のために使える時間を増やすことができます。

週1時間の積み重ねは大きい。

1年間は52週間あるので、年間約50時間も使える時間を増やせることになる。

50時間もあれば、仕事・自己啓発・趣味等かなりのことを実行できます。

例えば僕のように忙しい本業がありながら、副業をがんばっている方なら、この50時間は喉から手が出るほど欲しいことでしょう。

隙間時間の積み上げは馬鹿になりません。

飲用水に関する手間が激減:ペットボトルの水を購入する手間がなくなる

ウォーターサーバーを導入すれば、ペットボトルの水を購入する手間が一切なくなります。

ボタンかレバーを操作すれば、すぐに冷たい水をコップに注ぐことができる。

水を買いに行く必要がないウォーターサーバーに対し、水を購入するというのは結構手間がかかっている。

水の購入により発生する手間

ペットボトルの水を購入

・スーパーやコンビニなどの店頭で購入する手間

・店頭で購入した水を自宅まで運ぶ手間(箱買いだと大変)

・ネットショップ等で注文する手間

ペットボトルの水を収納

・収納場所の確保と保管

・冷蔵庫の収納スペース確保

・冷蔵庫内の水を使いきったときの補充

ペットボトルの廃棄

・ごみの収集日に合わせ、たまったペットボトルを廃棄

水道直結型のウォーターサーバーなら水の購入による手間が一切発生しません。

そして浮いた時間を自分のために使うことができるようになります。

(ボトル式のウォーターサーバーでは、ボトルの収納・廃棄など一部の手間が残ります。)

飲用水に関する手間が激減:お湯を沸かす手間がなくなる

ウォーターサーバーがあれば、いつでも熱いお湯を使うことができます。

お湯を使うために何の準備も不要です。

ウォーターサーバーがないと、お湯を使うために次のような手間が発生する。

お湯を使うために発生する手間

お湯を沸かす場合

・やかんに水を入れて火にかける

・電気ケトルに水を入れて電源を入れる

・お湯が沸くまでの待ち時間が発生

電気ポットでお湯を用意する場合

・残量のチェック

・残量が少ないときに水を補充する

水道直結型のウォーターサーバーなら、お湯を使うために発生する手間は完全になくなります。

(ボトル式のウォーターサーバーの場合、残量のチェックとボトルの交換が発生)

時短のためならウォーターサーバーは水道直結式の一択

時短したいなら水道直結型ウォーターサーバーのメリットを活用しよう_時短のためならウォーターサーバーは水道直結式の一択

ウォーターサーバーには大きく分けると次の2種類があります。

ウォーターサーバーの種類

水道直結型

・水道から直接水をサーバーに補充する

ボトル式

・ボトルに入った水をサーバーに補充する

時短のためにウォーターサーバーを使うなら、水道直結型が断然優れています。

その理由は次の2つ。

水道直結型ウォーターサーバーが時短になる2つの理由
① ボトルの取り扱いが不要

② 在庫管理が不要

この2つの理由について詳しく説明していきます。

水道直結式ウオーターサーバーが時短になる理由①:ボトルの取り扱いが不要

ウォーターサーバーを毎日使っていると、ボトルの取り扱いに結構時間を使うことになります。

ボトルの取り扱いで時間を使うことになるのは次の4つ。

ボトルの取り扱いで時間を使う4つの作業
①ボトルの交換

②ボトルの受け取り・返却

③ボトルの保管

④ボトルの廃棄

水道直結型のウォーターサーバーなら、この4つの作業が不要になります。

一つ一つ説明していきます。

ボトルの交換が不要

水道直結型のウォーターサーバーなら、水は水道から直接ウォーターサーバーに供給される。

当然ボトルの交換は一切発生しません。

ボトル式のウォーターサーバーは、ボトルの水を使いきるたびに、都度ボトルの交換が発生します。

ボトル交換で発生する作業

・重いボトルを保管場所からウォーターサーバー設置場所まで運ぶ

・空になったボトルをウォーターサーバーから外す

・新しいボトルを持ち上げてウォーターサーバーにセットする

・外した空ボトルを保管場所または廃棄場所へ運ぶ

実際にやってみると、簡単に1~2分は使ってしまいます。

水道直結型のウォーターサーバーなら、ボトルを交換する作業から完全に解放されます。

ボトルの受け取り・返却が不要

水道直結型のウォーターサーバーなら、配送されたボトルを受け取ったり、空ボトルを返却する手間が一切ありません。

ボトル式のウォーターサーバーの場合、配送されたボトルを受け取る必要があります。

ボトルを受け取るために発生する手間

・到着予定日の確認

・直接受け取るために予定を調整して在宅している必要あり

(一部「置き配」に対応しているメーカーあり)

・到着日に急用が入った場合は配送日の変更・再配達を依頼する

・返却が必要なボトルは、新しいボトルを受け取るときに配送業者に渡す

普通にウオーターサーバーを利用していれば、ボトルの受け取りは毎月発生します。

ボトルを受け取るためには自宅にいる必要がある。

これにより自分の行動を制約されるので、意外とストレスになるし、時間を奪われます。

水道直結型のウォーターサーバーなら、ボトルを受け取ったり返却する作業は一切発生しません。

ボトルの保管が不要

水道直結型のウォーターサーバーならボトルを保管する必要がありません。

ボトル式のウォーターサーバーの場合、自宅までボトルを運んできてくれるので、自分で購入する手間はなくなる。

しかし運んでくれるのは玄関まで。

玄関から自宅の保管場所までは自分で運ぶことになる。

ボトルを保管場所まで運ぶのは大変

一般的なボトルは1本12L。(軽いもので5.8L。重いものだとなんと18.9L!)

10kg以上あるボトルを保管場所まで運ぶのは大変。

当然、運ぶ時間や保管スペースの確保などに時間をつかうことになります。

水道直結型のウォーターサーバーなら、ボトルを保管する手間は一切不要です。

ボトルの廃棄が不要

水道直結型のウォーターサーバーならボトルを廃棄する必要がありません。

ボトル式のウォーターサーバーの場合、ボトルの廃棄または返却が必要となります。

(返却の場合は、先ほど記載した受け取りの際に配送業者に渡します。)

廃棄するボトルは収縮式やコンパクトに折りたためるようになってはいます。

小さくなるとはいうものの、それなりにかさばる。

それをゴミ袋に入れて、ごみの収集日に集積所に持っていく。

ちょっとしたことですが、この廃棄作業でも時間を奪われます。

時短のためには、このようなちょっとしたこともやらなくて済むようにすることが大事。

水道直結型のウォーターサーバーなら、ボトルの廃棄作業は一切ありません。

水道直結式ウォーターサーバーが時短になる理由②:在庫管理が不要

ボトル式のウォーターサーバーで大変なのがボトルの在庫管理。

次のようなことが発生します。

ボトルの在庫管理で発生すること
・水がなくなってきたら追加の発注が必要

・あまり水を使えなくて余ったら、定期配送のキャンセルやスキップの連絡が必要
(キャンセルやスキップ不可のメーカーもあり)

・水を追加で発注すればその分の費用が追加になる

水道直結型のウォーターサーバーなら、水道の水を使うだけなので在庫管理は一切不要です。

それでは在庫管理について詳しく説明していきます。

使用状況に合わせてボトルの追加を考える必要がない

ボトル式のウォーターサーバーの場合、自宅に保管しているボトルの分しか水を利用できません。

次の配送までに水が足りなくなる場合は追加で発注しなければなりません。

しかも追加ボトルはすぐに届くとは限らないんです。

追加ボトルが届くまで時間がかかる場合がある

メーカーによって追加ボトルの到着までの日数は異なる。

例えば、

・注文の翌日発送(プレミアムウォーター)

・注文から4日以内に出荷(コスモウォーター)

・注文後、該当エリアの定期配送でお届け(クリクラ)

というようにメーカーによっては注文してもすぐ届かない場合がある。

追加ボトルの到着まで時間がかかるメーカーの場合、早めに注文しておかなければ水がなくなってしまう。

とはいえ、忙しい日々を送っていたら、水の残量のチェックを忘れることもある。

追加し忘れれば水が切れてしまうので、ペットボトルの水を購入するか水道水を使うしかない。

水道直結型のウォーターサーバーなら水が切れる心配は不要。

水の追加を考える必要がないので、全く時間を使うことがありません。

使用状況に合わせてボトルのキャンセルを考える必要がない

ボトル式ウォーターサーバーの場合、水が余ってしまう場合もある。

水が余ることによって発生する問題

定期配送なので在庫がどんどん増える

在庫が増えることにより保管スペースがもっと必要になる

ほとんどのウォーターサーバーメーカーが定期配送での契約になっている。

そのため毎月決められた本数のボトルが配送されます。

在庫が増えてしまわないよう、定期配送のキャンセルやスキップができるメーカーがあります。

但し、自分でキャンセルやスキップの申し込みをしなければなりません。

そのため、使用状況をみながら、タイミングを見計らって申込する必要があります。

このように水の在庫について考えを巡らしたり、定期配送のキャンセルやスキップを申し込むことにより、貴重な時間を使ってしまう。

水道直結型のウォーターサーバーなら、使いたい時に使いたいだけ利用できる。

在庫について考えたりして時間を使うことが一切ありません。

ボトルの定期配送のキャンセルやスキップができないメーカーもある。

水道直結型よりもボトル式を使いたいという方は注意して契約してください。

水道直結式は定額制なので費用を気にする必要がない

当たり前ではありますが、ウォーターサーバーは無料で利用できません。

水道直結型のウォーターサーバーは毎月定額なので、特に費用を気にせず利用することができます。

ところがボトル式の場合、ボトルを追加発注すれば当然費用も追加されます。

水をたっぷり使いたくても、費用が追加となると思いっきり使えないこともあるものです。

ボトルの追加費用

1本12Lで1,600~2,000円程度。

通常1箱2本が最低数量のメーカが多い。

そのため1回の追加で3,000~4,000円程度の費用が発生する。

水道直結型でかかる水代は水道代のみ。

水道代は1リットル0.2円程度。

100リットル使っても、たったの20円。

水道直結型ならボトル式のように追加費用について考えて時間を使うことはありません。

スポンサーリンク

時短におすすめのウォーターサーバーTOP3を紹介

時短したいなら水道直結型ウォーターサーバーのメリットを活用しよう_時短におすすめのウォーターサーバーTOP3を紹介

ここまでウォーターサーバーで時短をするなら水道直結型がおすすめである理由について説明してきました。

ここで時短におすすめの水道直結型ウォーターサーバーを紹介します。

選定の基準は次の通り。

おすすめのウォーターサーバーの選定基準

低コストであること

時短するためのおすすめなので、高機能・高性能よりもコストパフォーマンスを重視。

高額なRO水よりも、安価にもかかわらずしっかりフィルターで有害物質を除去している浄水を選定。(※)

冷水・温水の両方が使えること

ウォーターサーバーを利用するメリットである冷水・温水がすぐ使えるという機能を備えているものを選定。

常温のみ、冷水のみというウォーターサーバーは除外しています。

(※)RO水より浄水を選定している理由

RO水

RO(逆浸透膜)フィルターを使い、水分子以外の有害物質を取り除いている。

これにより純水(ピュアウォーター)を造り出している。

無味無臭なのでミネラルウォーターのような美味しさではない。(メーカーによってはミネラルを添加して味をととのえている。)

浄水

一方、ウォータースタンドのナノトラップフィルターのように高性能なフィルター。

こちらはROフィルターに次ぐトップクラスの浄水性能を誇っている。

ミネラルは残っているので、美味しい水に仕上がる。

RO水と浄水の差額

RO水は高性能なフィルターで浄水したものよりも月額で1,000~2,000円程度高い。

おすすめのウォーターサーバーに浄水を選定した理由

RO水と浄水のどちらも安全性は極めて高い。

時短を目的とした場合、高いコストをかけるよりは抑えた方が有益。

RO水に余分なお金をかけるなら、その分を他の時短ツールに回した方が良い。

その観点からRO水ではなく浄水タイプのウォーターサーバーを選定している。

これからご紹介する3つのウォーターサーバーは、次の「水道直結型ウォーターサーバーが時短に貢献する理由」を全て満たしています。

水道直結型ウォーターサーバーが時短に貢献する理由

・ ペットボトルの水を買う手間がなくなる

・ お湯を沸かす必要がなくなる

・ ボトル式ウォーターサーバーで発生するボトルの扱う手間が不要

・ 費用を気にせず好きなだけ水が使える

第一位:ウォータースタンド ナノシリーズ ネオ

時短に最も貢献してくれるおすすめのウォーターサーバー第一位は、ウォータースタンド のナノシリーズ ネオです。

時短におすすめのウォーターサーバー_ウォータースタンド_ナノシリーズ_ネオ

ウォータースタンド のウェブサイトより引用)

ナノシリーズ ネオ
月額料金3,850円(税込)
水の種類浄水
冷水5~8℃ 2.5L
温水85~93℃ 1.0L
常温-℃ 2.5L
製品寸法W260×D505×H500mm
公式サイト ウォータースタンド

水道直結型ウォーターサーバーが時短に貢献する理由をすべて満たしたうえで、最も便利に利用することができます。

その理由は次の3つ

ナノシリーズ ネオが一位に輝いた理由
①コストが最も安い
今回調査した水道直結型ウォーターサーバーは3メーカー13機種21プラン。
その中で最も料金が安いのがナノシリーズ ネオの月額3,850円(税込)。
(ちなみに最も高額だったのは月額8,250円(税込))
時短のために長く使っていく上で、低コストで使えるのは大きい。
節電モードによる電気代削減もうれしいポイント。

②常温の水が使える
ナノシリーズ ネオは冷水・温水に加えて常温の水が使える。
常温の水は健康に良いといわれている。
冷水・温水・常温の3種類あることで、時と場合に合わせて好みの温度が選べる。
いちいち常温の水を準備する必要がない。

③タンク容量が大きい
冷水2.5L、温水1L、常温2.5Lと合計6Lものタンク容量がある。
飲用だけでなく料理などにも十分使える量になっている。
量が足りなくなったり、吐出に時間がかかることがなく、結果的に時短にもつながる。
ウォータースタンド

第二位:ウォータースタンド ナノシリーズ ガーディアン

時短に貢献してくれるおすすめのウォーターサーバー第二位は、ウォータースタンド のナノシリーズ ガーディアンです。

時短したいなら水道直結型ウォーターサーバーのメリットを活用しよう_ナノシリーズ_ガーディアン

ウォータースタンド のウェブサイトより引用)

ナノシリーズ ガーディアン
月額料金4,400円 (税込)
水の種類浄水
冷水5~8℃ 0L(タンクレス)
温水85~93℃  0L(タンクレス)
常温-℃  0L(タンクレス)
製品寸法W230×D230×H471mm
公式サイトウォータースタンド

ナノシリーズ ガーディアンが二位になった理由は次の3つ

ナノシリーズ ネオが二位に輝いた理由
①コストが比較的安い
今回調査した水道直結型ウォーターサーバーは3メーカー13機種21プラン。
その中でナノシリーズ ガーディアンは月額4,400円(税込)と比較的料金が安い。
(最安値は月額3,980円、最高値は月額8,250円(税込))
長く使っていくと、金額の差が大きく積み上がるので低コストで使えるのは大きい。
節電モードによる電気代削減もうれしいポイント。

②常温の水が使える
ナノシリーズ ガーディアンは冷水・温水に加えて常温の水が使える。
常温の水は健康に良いといわれている。
冷水・温水・常温の3種類あることで、時と場合に合わせて好みの温度が選べる。
いちいち常温の水を準備する必要がない。

③サイズが小さい
水道直結型ウォーターサーバーの多くは奥行き方向が500mm程度ある。
ナノシリーズ ガーディアンはわずか230mmとかなりサイズが小さい。
コンパクトで邪魔にならないので置き場所の選択肢が広がる。

一位のナノシリーズ ネオと比べ、下記が劣るので二位とした。

一位よりも劣るポイント
①一位よりもコストが高い
月額で4,400円(税込)と比較的低額ではあるが、一位の月額3,850円(税込)よりも500円近く高い。

②タンクレスのため給水スピードが遅い
タンクレスのため、給水時に水を冷却/加熱するため時間がかかる
120mlの給水時間は下記の通り
・冷水 :約7秒
・常温水:約6秒
・温水 :高/約29秒 中/約21秒 低/約18秒 (準備時間含む)
給水スピードが遅いのは時短という視点ではマイナスとなる。
ウォータースタンド

第三位:Kirala ファミリアⅡ

時短に貢献してくれるおすすめのウォーターサーバー第三位は、kiralaのファミリアⅡ です。

時短したいなら水道直結型ウォーターサーバーのメリットを活用しよう_kirala_ファミリアⅡ

kiralaのウェブサイトより引用 )

ファミリアⅡ(KFS-1820ER)
月額料金4,378円 (税込) (※)
水の種類浄水
冷水4~12℃ 3.0L
温水70~90℃ 1.4L
常温なし
製品寸法W265×D465×H495mm
公式サイト kirala

(※)5年でウォーターサーバー無料            

Kiralaメンバーシップサービスのみ加入(2,178円/月)

ファミリアⅡが三位になった理由は下記の2つ。

ファミリアⅡが三位に輝いた理由
①コストが安い
今回調査した水道直結型ウォーターサーバーは3メーカー13機種21プラン。
その中でファミリアⅡは月額4,378円(税込)と2番目に安い。
(最安値は月額3,850円、最高値は月額8,250円(税込))
長く使っていくと、金額の差が大きく積み上がるので低コストで使えるのは大きい。
ECOモードによる電気代削減もうれしいポイント。
また、5年継続で利用するとサーバー代が無料になるのでコスト削減につながる。
(月額2,178円のKiralaメンバーシップサービスへの加入は必要)

②定期メンテナンス不要
セルフメンテナンスのみなので、定期メンテナンスのための時間調整が不要。
時短という視点では大事な部分。

一位二位と比べると、下記が劣るので三位とした。

一位二位より劣るポイント
①設置可能エリアが限られている
一位二位は一部地域を除き日本全国に設置可能。
しかしファミリアⅡは東京・神奈川・千葉・埼玉・静岡(一部)と設置エリアが限定されている。
・エリア外で設置できない
・引っ越しでエリア外に移動したために設置できない
このようなこと起こりうる。

②契約解約料が発生する期間が長く、かつ高額である
一位二位は1年未満での解約で6,600円の契約解約料が発生。
これに対しファミリアⅡは3年未満の解約で16,500円の契約解約料が発生する。
長く使っていると、契約を解除せざるを得ないことも起きる。
契約解約料の発生期間が長く、高額であるのはマイナス材料。

時短のためのウォーターサーバー活用:まとめ

時短したいなら水道直結型ウォーターサーバーのメリットを活用しよう_時短のためのウォーターサーバー活用:まとめ

水道直結型ウォーターサーバーなら水のために使っている時間を大幅に削減することができます。

時短のために水道直結型ウォーターサーバーが貢献できる内容は次の通り。

水道直結型ウォーターサーバーが時短に貢献する理由

・ ペットボトルの水を買う手間がなくなる

・ お湯を沸かす必要がなくなる

・ ボトル式ウォーターサーバーで発生するボトルの扱う手間が不要

・ 費用を気にせず好きなだけ水が使える

水道直結型ウォーターサーバーを利用することで、あなたの人生のために使う時間を増やすことができます。

人生の時間は限られている。

増えた時間を有効に活用すれば、より良い人生を作り上げることも十分可能です。

あなた自身の人生のために使える時間を増やす。

そのために水道直結型ウォーターサーバーという選択がお役に立てたら嬉しいです。

↓水道直結型ウォーターサーバーおすすめ一位二位 ウォータースタンド公式サイトはこちら

ウォータースタンド

ウォータースタンド

↓水道直結型ウォーターサーバーおすすめ三位 kiralaの 公式サイトはこちら

kirala

ABOUT ME
キラ
ブログ「Spesial Life」を運営しているキラと申します。 当ブログでは、たった一度の人生を豊かに彩るための情報を発信しています。 目まぐるしく変化する現代社会の中で、思うような人生を送ることができずに困っていることはありませんか? 僕自身、大学卒業後、サラリーマンとして生きていくなかで、想像していた人生とはかけ離れた不満だらけの日々を送っていました。 それがある本と出会い、考え方と行動を変えることで、自分が望むような人生が手に入ることを知ったんです。 それ以来、自分自身の考え方と行動を変えることを実践して、人生を素晴らしいものへと変えている真っ最中です。 このブログでは僕自身の実体験を踏まえた人生を変える情報や考え方を発信しています。 あなたにとって素晴らしい人生が手に入るよう、一緒に行動していきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA