家電

【徹底比較】単身・一人暮らし向けで安いウォーターサーバーランキング

単身・一人暮らし向け安いウォーターサーバーランキング_アイキャッチ

いつでも自宅で美味しいお水が飲める。

ペットボトルを買いに行く手間が不要。

自宅にウォーターサーバーがある生活って便利で憧れますよね。

ところがどのウォーターサーバーが自分に合っているのかってわかりずらい。

その理由は次の通り。

自分に合ったウォーターサーバーがわかりにくい理由

・ウォーターサーバーを扱っているメーカが多すぎる

・メーカごとにウォーターサーバーが何種類もある

・水の種類(天然水・RO水・浄水)のどれを選んだらいいのかわからない

・自分のライフスタイルに合ったウォーターサーバーが選びにくい

・結局どれが自分にとって安いのかがわかりずらい

僕自身、ウォーターサーバーの導入にあたり、メーカのウェブサイトやブログのランキング記事などを読んでみました。

しかし、どれを選んだらよいのかが全く分からない。

そこで19メーカー、176プランを徹底的に比較。(下図は分析した資料のごく一部)

ウォーターサーバー比較データの一部

この調査結果を進めるうちに、世帯の人数によって安く使えるウォーターサーバーが全然違うことが判明。

そこでこの記事では単身・一人暮らし世帯なら、どのウォーターサーバーが安く使えるのかをランキング形式で紹介。

読み終えれば、あなたに合ったウォーターサーバーがわかります。

目次

単身・一人暮らし向けで安いウォーターサーバーランキング

単身・一人暮らし向け安いウォーターサーバーランキング_ランキング

まず単身・一人暮らし向けで安く使えるウォーターサーバーランキングを一覧表で紹介。

順位は基本的に水1L当たりの金額が安い順。

ただし単身・一人暮らしに向けた比較の条件により、安くてもランクが低いものがあります。

(表は横にスクロールできます。)

ランキング第1位第2位第3位第4位第5位第6位第7位第8位第9位第10位
外観Locca_リフィルサーバー-2
エブリィフレシャス_ミニ-2ハミングウォーター_flows(フローズ)
アルピナウォーター_スタンダードサーバー床置き型
クリクラ_クリクラサーバーL型・S型
クリクラ_クリクラFitウォータースタンド_ナノシリーズ ネオ信濃湧水_スタンダードサーバーワンウェイウォーター_smartワンウェイウォーター_smartプラス
メーカーLoccaエブリィフレシャスハミングウォーターアルピナウォータークリクラクリクラウォータースタンド信濃湧水ワンウェイウォーターワンウェイウォーター
ウォーターサーバーリフィルサーバーmini(ミニ)flows(フローズ)スタンダードサーバー床置き型クリクラサーバーL型・S型クリクラFitナノシリーズ ネオ
Neo
スタンダードサーバーsmartsmartプラス
水の種類浄水(水道水)浄水(水道水)浄水(水道水)RO水(天然水をろ過)RO水RO水 浄水(水道水) 天然水RO水RO水
水1L当たりの金額109円110円113円115円137円140円142円142円113円114円
1ヶ月当たりの金額3,284円3,300円3,392円3,464円4,110円4,202円4,262.5円4,263.2円3,375円3,421円
水30Lの金額6円6円6円3,464円3,650円 3,650円 6円 4,263円 3,375円3,375円
水30Lあたりの配送料0円0円0円0円 0円 0円 0円 0円 0円 0円
サーバーレンタル料3,146円3,300円3,300円629円 0円 0円 3,850円 0円 0円 0円
月会費・サポート料0円0円0円0円460円460円0円0円0円0円
初回金3,300円0円2,200円0円0円2,200円9,900円0円0円1,100円
メーカサイトLoccaエブリィフレシャスハミングウォーターアルピナウォーター【クリクラ】【クリクラ】ウォータースタンド信濃湧水ワンウェイウォーターワンウェイウォーター
詳細情報詳細を見る詳細を見る詳細を見る

(画像は各メーカのウェブサイトから引用)

各ウォーターサーバーの特徴などの詳細はこの後に説明していきます。

その前に、単身・一人暮らし向けウォーターサーバーランキングの選定条件を説明します。

ウォーターサーバーランキングの条件

単身・一人暮らし向け安いウォーターサーバーランキング_ランキングの条件

単身・一人暮らし向けのランキングを決定するために、次の条件でウォーターサーバーを比較しました。

チェックポイント

①水1L当たりにかかる費用でコストを比較

②単身・一人暮らし世帯の水の使用量を月30Lと設定

③冷水・温水の両方が使用できること

④水の種類(天然水・RO水・浄水)に関係なく安い順でランク付け

⑤電気代を除外

⑥家にいることに縛られないことも評価

一つ一つについて詳しく説明していきます。

水1L当たりにかかる費用でコストを比較

今回ご紹介するランキングは、水1L当たりにかかる費用で比較しています。

なぜなら各メーカーによって料金体系はバラバラで、どのプランが安いのか比較できないから。

次の内容が、メーカやウォーターサーバーの種類によって異なります。

内容ごとの料金の違い
①水代
ボトル式の場合は1本当たりの金額(1L当たり94円~253円)
水道直結型の場合は水道代なのでほぼ無料(1L当たり約0.2円)

②サーバーレンタル代
無料~8,250円

③月会費
無料~1,100円

④ボトルの配送料
無料~880円

⑤初回金
無料~13,200円

この5つの内容がメーカーによっては無料だったり有料だったりする。

項目ごとに比較しても内容が異なるので、どのウォーターサーバーが自分にとって最も安く利用できるのかがわからないんです。

そこで、このランキングでは全ての金額を合計し、水1L当たりの金額を算出して比較しました。

先ほど紹介した①~⑤の費用は、毎月発生するものと、初回のみ発生するものに分けられます。

毎月発生する費用

・水代

・サーバーレンタル代

・月会費

・ボトルの配送料

初回のみ発生する費用

・初回金

この毎月かかる費用の合計に、初回金の一部(24分の1(※))をプラス。

その合計金額を1ヶ月当たりの水の使用量で割って、水1L当たりの金額を算出しました。

水1L当たりの金額の計算方法

水1Lの金額=(毎月かかる費用の合計+初回金の一部)÷1ヶ月の水の使用量

(※)初回金の割り当て分の算出根拠

ウォーターサーバーは2年契約のメーカが多い。(契約期間内の解約は、契約解約料が発生する。)

そこで初回金は契約期間の2年分と考え、24ヶ月で分割して1ヶ月分の費用を割り当てました。

単身・一人暮らし世帯の水の使用量を月30Lと設定

単身・一人暮らし世帯が水を1ヶ月に使用する量を30Lとしました。

つまり1日1Lということ。

理由は次の通り。

水の使用量の根拠

・厚生労働省の「「健康のために水を飲もう」推進運動」で推奨している飲み水の量は1日1.2L

この数字は体重60kgの成人男性。

性別差・体格差や、外出先などでウォーターサーバー以外からも水分補給をすることを考慮し、ウォーターサーバーでの飲み水の量を1日1Lとした。

厚生労働省ウェブサイトはこちら

1日1Lと聞くと、「そんなに飲めないよ」と感じる方もいるかもしれません。

僕もそう思っていましたが、小分けにして飲むと意外と簡単に1L飲むことができます。

水1Lを小分けにして飲む例

・朝起きたらコップ1杯飲む(200cc)

・朝食でコップ1杯飲む(200cc)

・昼食でコップ1杯飲む(200cc)

・夕食でコップ1杯飲む(200cc)

・日中の合間に一口ずつコップ1杯飲む(200cc)

これで合計1Lになります。

上の例のように小分けにすると、簡単に1L飲むことができます。

ランキングからは話がそれますが、せっかくウォーターサーバーを導入するなら、健康のために1日1L飲むことをお勧めします。

冷水・温水の両方が使用できること

今回のランキングは冷水と温水の両方が使えるウォーターサーバーのみで比較しています。

ウオーターサーバーは、使い方に合わせて様々な種類がある。

中には冷水のみ、常温水のみという特殊なタイプもあります。

特殊なタイプは除き、冷水と温水が使えるウォーターサーバーをランキングの対象としました。

水の種類(天然水・RO水・浄水)に関係なく安い順でランク付け

一般的に水の種類によって値段に差が出ます。

一番安いのは水道水の浄水。

次いでRO水。

最も高いのは天然水です。

水の値段

【安い】浄水⇔RO水⇔天然水【高い】

とはいえ、使う水の量、メーカーやサーバーの種類によって、金額はかなり変わります。

そこでこのランキングでは水の種類は関係なく、水1Lあたりにかかる費用を優先してランキングを決めています。

水の種類にこだわりたい方は、ランキングの中から自分の好みの水の種類の最安値をチェックしてみてください。

電気代は除外

電気代はウォーターサーバーの種類によってまったく異なります。

メーカーが公表しているもので月150円~1,480円

しかし電気代が安いものは省エネモード等をフル活用した金額。

実際の使用状況によって電気代は全く違ってくる。

そして電気代を公表していないメーカもある。

このような状態で電気代を含めると公正な比較ができなってしまいます。

そこで今回の比較では電気代は除外しました。

我が家のウォーターサーバーは省エネモードをオフにしいる

省エネモードは、どのメーカも温水用のヒーターを切ったり、お湯の設定温度を下げることで消費電力を抑えている。

自分がお湯を使いたい時に省エネモードになっていると、コーヒーやお茶に使うには低い温度のお湯になってしまう。

我が家では省エネモードを設定することで、使い勝手が悪くなるので、常時オフにしています。

家にいることに縛られないことも評価

ボトル式のウォーターサーバーを導入すると、日常で発生するのが配送されてくる水の受け取り。

特に今回のランキングは単身・一人暮らし向け。

家にいないとボトルを受け取れないというのは不便。

平日外で仕事していれば家で受け取れないし、かといって休日受け取りではせっかくの休みに外出できない。

そこで置き配不可で、対面じゃなければ水の受け取りができないウォーターサーバーは、水1L当たりの金額が安くてもランクを下げています。

ランキングの条件は以上になります。

続いてランキング1位から3位に輝いたウォーターサーバーについて詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

単身・一人暮らし向けで安いウォーターサーバーランキング第一位:Locca リフィルサーバー

Locca_リフィルサーバー_2

(画像はLoccaのウェブサイトから引用)

ランキング1位はLoccaのリフィルサーバーです。

水1L当たりの金額は109円と最安値になっています。

ランキング第1位
外観Locca_リフィルサーバー-2
メーカーLocca
ウォーターサーバーリフィルサーバー
水の種類浄水(水道水)
水1Lあたりの金額109円
1ヶ月当たりの金額3,284円
水30Lの金額6円
水30Lあたりの配送料0円
サーバーレンタル料3,146円
月会費・サポート料0円
初回金3,300円
メーカサイトLocca

(画像はLoccaのウェブサイトから引用)

Locca リフィルサーバーの特徴

①浄水タイプの中でサーバーレンタル料が最も安い

②水道水を浄水するから水代が安い

③水の補充は浄水タンクに注ぐだけ

④水道水だからいくらでも水を使うことができる

Locca リフィルサーバーの特徴①:浄水タイプの中でサーバーレンタル料が最も安い

Locca_リフィルサーバー

(画像はLoccaのウェブサイトから引用)

Locca リフィルサーバーのサーバーレンタル量は月額3,146円(税込)

これは水道水を浄水するタイプのウォーターサーバーの中で最安値。

しかも浄水用のカートリッジの料金や配送料も含まれています。

月にかかる費用がサーバーレンタル料の3,146円以外にはほとんどかかりません。

そのため、水1L当たりの金額が最も安いウォーターサーバーの第1位になりました。

Locca リフィルサーバーの特徴②:水道水を浄水するから水代が安い

Locca リフィルサーバーは水道水を浄水するので、水道代がかかります。

水道代の目安

水道代の目安は1L当たり約0.2円。

1ヶ月に30L使用しても、水道代はわずか6円ということになります。

30L使っても6円なら水代は無料のようなもの。

水を沢山使う方には、水道水を浄水するLocca リフィルサーバーは断然お得です。

水道代は各自治体の調査結果を参考とした

・仙台市 1リットル およそ0.2円

・東京都 1リットル 0.24円

・大阪市 1リットル 約0.1円

等々

Locca リフィルサーバーの特徴③:水の補充は浄水タンクに注ぐだけ

Locca_リフィルサーバー_水の補充

(画像はLoccaのウェブサイトから引用)

水の補充は水道水を浄水タンクに注ぐだけ。

浄水タンクの容量は6L。

1回満タンに補充すれば、数日は利用できます。

1日1L使う方なら、浄水タンクを満タンにすると6日分(6L)の水が補充できる。

また、自分の好きな量の水道水を補充すればよいので、ボトル式のウォーターサーバーのように10kg以上もあるボトルを持ち上げるような大変さはありません。

手軽に水を補充できるのもリフィルサーバーのメリットです。

Locca リフィルサーバーの特徴④:水道水だからいくらでも水を使うことができる

ボトル式のウォーターサーバーだと、ボトルの水を使い切ってしまうとウォーターサーバーが使えなくなる。

すると追加で注文する必要があり、当然費用も発生します。

Locca リフィルサーバーは水道水を浄水タンクに注ぐだけ。

水道水なのでいくらでも水を使うことができます。

しかもほぼ無料なので、大量に使っても追加費用はほとんど発生しません。

フィルターの総ろ過量は400L

4ヶ月でフィルター交換なので月100Lまでしっかり浄水できます。

1日にあたり3.3Lもの量が浄水でき、単身・一人暮らしには十分な量です。

Locca リフィルサーバー:まとめ

Locca リフィルサーバーなら月額を最も安く抑えることができます。

さらに水道水を使うので、ボトルの注文や受け取りなどの手間が発生しません。

手間がかからないので、単身・一人暮らしで使うのに適しているウォーターサーバーです。

おいしい水を水道水から【Locca】

単身・一人暮らし向けで安いウォーターサーバーランキング第二位:エブリィフレシャス mini(ミニ)

エブリィフレシャス_ミニ-3

(画像はエブリィフレシャスのウェブサイトから引用)

ランキング2位はエブリィフレシャスのmini(ミニ)です。

1位のLocca リフィルサーバーと同様に水道水をサーバーのタンクに注いで浄水するタイプ。

水1L当たりの金額は110円です。

ランキング第2位
外観エブリィフレシャス_ミニ-2
メーカーエブリィフレシャス
ウォーターサーバーmini(ミニ)
水の種類浄水(水道水)
水1Lあたりの金額110円
1ヶ月当たりの金額3,300円
水30Lの金額6円
水30Lあたりの配送料0円
サーバーレンタル料3,300円
月会費・サポート料0円
初回金0円
メーカサイトエブリィフレシャス

(画像はエブリィフレシャスのウェブサイトから引用)

エブリィフレシャス mini(ミニ)の特徴

①浄水タイプの中でサーバーレンタル料が安い

②水道水を浄水するから水代が安い

③水の補充は浄水タンクに注ぐだけ

④水道水だからいくらでも水を使うことができる

⑤コンパクトな卓上型のなので置き場所の自由度が大きい

エブリィフレシャス mini(ミニ)の特徴①:浄水タイプの中でサーバーレンタル料が安い

エブリィフレシャス_ミニ(mini)

(画像はエブリィフレシャスのウェブサイトから引用)

エブリィフレシャス mini(ミニ)のサーバーレンタル量は月額3,300円(税込)

これは水道水を浄水するタイプのウォーターサーバーの中でも安い。

1位のLocca リフィルサーバーの3,146円と比べても、たった154円しか変わりません。

しかも浄水用のカートリッジの料金や配送料も含まれています。

月にかかる固定費が安く、他に費用が発生しないため、水1L当たりの金額が最も安いウォーターサーバーの第2位になりました。

エブリィフレシャス mini(ミニ)の特徴②:水道水を浄水するから水代が安い

エブリィフレシャス mini(ミニ)は水道水を浄水するので、水道代がかかります。

水道代の目安

水道代の目安は1L当たり約0.2円。

1ヶ月に30L使用しても、水道代はわずか6円ということになります。

30L使っても6円なら水代は無料のようなもの。

水を沢山使う方には、水道水を浄水するエブリィフレシャス mini(ミニ)は断然お得です。

水道代は各自治体の調査結果を参考とした

・仙台市 1リットル およそ0.2円

・東京都 1リットル 0.24円

・大阪市 1リットル 約0.1円

等々

エブリィフレシャス mini(ミニ)の特徴③:水の補充は浄水タンクに注ぐだけ

エブリィフレシャス_ミニ_水の補充

(画像はエブリィフレシャスのウェブサイトから引用)

水の補充は水道水を貯水タンクに注ぐだけ。

また貯水タンクをウォーターサーバー本体から取り外し、水道から直接水を入れることもできます。

貯水タンクの容量は3.3L。

1回満タンに補充すれば、数日は利用できます。

1日1L使う方なら、貯水タンクを満タンにすると約3日分(3.3L)の水が補充できる。

また、自分の好きな量の水道水を補充すればよいので、ボトル式のウォーターサーバーのように10kg以上もあるボトルを持ち上げるような大変さはありません。

手軽に水を補充できるのもエブリィフレシャス mini(ミニ)のメリットです。

エブリィフレシャス mini(ミニ)の特徴④:水道水だからいくらでも水を使うことができる

ボトル式のウォーターサーバーだと、ボトルの水を使い切ってしまうとウォーターサーバーが使えなくなる。

すると追加で注文する必要があり、当然費用も発生します。

エブリィフレシャス mini(ミニ)は水道水を貯水タンクに注ぐだけ。

いくらでも水を使うことができます。

しかも水道水のなので、ほぼ無料です。

フィルターの総ろ過量は600L

6ヶ月でフィルター交換なので月100Lまでしっかり浄水できます。

1日にあたり3.3Lもの量が浄水でき、単身・一人暮らしには十分な量です。

エブリィフレシャス mini(ミニ)の特徴⑤:コンパクトな卓上型のなので置き場所の自由度が大きい

エブリィフレシャス_ミニ_サイズがコンパクト

(画像はエブリィフレシャスのウェブサイトから引用)

エブリィフレシャス mini(ミニ)は他のウォーターサーバーに比べてコンパクトなサイズであるのが特徴。

一般的なウォーターサーバーの背の高さ 120cm程度

エブリィフレシャス miniの背の高さ   47cm

エブリィフレシャス mini(ミニ)は一般的なウォーターサーバーよりも70cm程度も背が低い。

これにより、通常ウォーターサーバーは床置きですが、エブリィフレシャス miniなら卓上で使うことができます。

このコンパクトさにより、設置場所の自由度が高い。

エブリィフレシャス mini(ミニ)の設置例
・台所周りの空きスペース
・キッチンカウンターの上
・ダイニングテーブル
・リビングのソファーの脇
・ベッドサイドテーブル
等々

エブリィフレシャス mini(ミニ):まとめ

エブリィフレシャス mini(ミニ)なら月額をかなり安く抑えることができます。

1位のLocca リフィルサーバーと比べても、水1Lあたり1円の差とほとんど変わりません。

Locca リフィルサーバー

・水1Lあたり109円

エブリィフレシャス mini(ミニ)

・水1Lあたり110円

また1位のLocca リフィルサーバーと同様に水道水を浄水するタイプ。

ボトルの注文や受け取りなどの手間が発生しません。

手間がかからないので、単身・一人暮らしで使うのに適しているウォーターサーバーです。

さらにコンパクトな卓上タイプ。

床置きタイプでは置き場所に困る方には、エブリィフレシャス mini(ミニ)が適しています。

お得な定額制の浄水型ウォーターサーバー【エブリィフレシャス】

スポンサーリンク

単身・一人暮らし向けで安いウォーターサーバーランキング第三位:ハミングウォーター flows(フローズ)

ハミングウォーター_flows(フローズ)-2

(画像はハミングウォーターのウェブサイトから引用)

ランキング3位はハミングウォーターのflows(フローズ)です。

1位のLocca リフィルサーバー、2位のエブリィフレシャス mini(ミニ)と同様に水道水をサーバーのタンクに注いで浄水するタイプ。

水1L当たりの金額は113円です。

ランキング第3位
外観ハミングウォーター_flows(フローズ)
メーカーハミングウォーター
ウォーターサーバーflows(フローズ)
水の種類浄水(水道水)
水1Lあたりの金額113円
1ヶ月当たりの金額3,392円
水30Lの金額6円
水30Lあたりの配送料0円
サーバーレンタル料3,300円
月会費・サポート料0円
初回金2,200円
メーカサイトハミングウォーター

(画像はハミングウォーターのウェブサイトから引用)

ハミングウォーター flows(フローズ)の特徴

①浄水タイプの中でサーバーレンタル料が安い

②水道水を浄水するから水代が安い

③水の補充は浄水タンクに注ぐだけ

④水道水だからいくらでも水を使うことができる

ハミングウォーター flows(フローズ)の特徴①:浄水タイプの中でサーバーレンタル料が安い

ハミングウォーター_flows(フローズ)

(画像はハミングウォーターのウェブサイトから引用)

ハミングウォーターのflows(フローズ)のサーバーレンタル量は月額3,300円(税込)

これは水道水を浄水するタイプのウォーターサーバーの中でも安い。

1位のLocca リフィルサーバーの3,146円と比べても、たった154円しか変わりません。

しかも浄水用のカートリッジの料金や配送料も含まれています。

月にかかる固定費が安く、他に費用がほとんど発生しない。

そのため、水1L当たりの金額が最も安いウォーターサーバーの第3位になりました。

ハミングウォーター flows(フローズ)の特徴②:水道水を浄水するから水代が安い

ハミングウォーターのflows(フローズ)は水道水を浄水するので、水道代がかかります。

水道代の目安

水道代の目安は1L当たり約0.2円。

1ヶ月に30L使用しても、水道代はわずか6円ということになります。

30L使っても6円なら水代は無料のようなもの。

水を沢山使う方には、水道水を浄水するハミングウォーターのflows(フローズ)は断然お得です。

水道代は各自治体の調査結果を参考とした

・仙台市 1リットル およそ0.2円

・東京都 1リットル 0.24円

・大阪市 1リットル 約0.1円

等々

ハミングウォーター flows(フローズ)の特徴③:水の補充は浄水タンクに注ぐだけ

ハミングウォーター_flows(フローズ)_水を注ぐ

(画像はハミングウォーターのウェブサイトから引用)

水の補充は水道水を貯水タンクに注ぐだけ。

また貯水タンクをウォーターサーバー本体から取り外し、水道から直接水を入れることもできます。

貯水タンクの容量は4L。

1回満タンに補充すれば、数日は利用できます。

1日1L使う方なら、貯水タンクを満タンにすると約4日分(4L)の水が補充できる。

また、自分の好きな量の水道水を補充すればよいので、ボトル式のウォーターサーバーのように10kg以上もあるボトルを持ち上げるような大変さはありません。

手軽に水を補充できるのもハミングウォーター flows(フローズ)のメリットです。

ハミングウォーター flows(フローズ)の特徴④:水道水だからいくらでも水を使うことができる

ボトル式のウォーターサーバーだと、ボトルの水を使い切ってしまうとウォーターサーバーが使えなくなる。

すると追加で注文する必要があり、当然費用も発生します。

ハミングウォーターのflows(フローズ)は水道水を貯水タンクに注ぐだけ。

いくらでも水を使うことができます。

しかも水道水のなので、ほぼ無料です。

フィルターの総ろ過量は1200L

4ヶ月でフィルター交換なので月300Lまでしっかり浄水できます。

1日にあたり10Lもの量が浄水でき、単身・一人暮らしには十分すぎる量です。

ハミングウォーター flows(フローズ):まとめ

ハミングウォーター flows(フローズ)なら月額をかなり安く抑えることができます。

1位のLocca リフィルサーバーと比べても、水1Lあたり5円という、わずかな差になっています。

Locca リフィルサーバー

・水1Lあたり109円

ハミングウォーター flows(フローズ)

・水1Lあたり114円

また1位のLocca リフィルサーバー、2位のエブリィフレシャス mini(ミニ)と同様に水道水を浄水するタイプ。

ボトルの注文や受け取りなどの手間が発生しません。

手間がかからないので、単身・一人暮らしで使うのに適しているウォーターサーバーです。

水道水浄水型ウォーターサーバーハミングウォーター

単身・一人暮らし向けで安いウォーターサーバーランキング第四位~第十位

ランキング1位から3位まではいずれも水道水を浄水するタイプのウォーターサーバーでした。

4位から10位までをまとめて紹介していきます。

(表は横にスクロールできます。)

ランキング第4位第5位第6位第7位第8位第9位第10位
外観アルピナウォーター_スタンダードサーバー床置き型
クリクラ_クリクラサーバーL型・S型
クリクラ_クリクラFitウォータースタンド_ナノシリーズ ネオ信濃湧水_スタンダードサーバーワンウェイウォーター_smartワンウェイウォーター_smartプラス
メーカーアルピナウォータークリクラクリクラウォータースタンド信濃湧水ワンウェイウォーターワンウェイウォーター
ウォーターサーバースタンダードサーバー床置き型クリクラサーバーL型・S型クリクラFitナノシリーズ ネオ
Neo
スタンダードサーバーsmartsmartプラス
水の種類RO水(天然水をろ過)RO水RO水 浄水(水道水) 天然水RO水RO水
水1L当たりの金額115円137円140円142円142円113円114円
1ヶ月当たりの金額3,464円4,110円4,202円4,262.5円4,263円3,375円3,421円
水30Lの金額3,464円3,650円 3,650円 6円 4,263円 3,375円3,375円
水30Lあたりの配送料0円 0円 0円 0円 0円 0円 0円
サーバーレンタル料629円 0円 0円 3,850円 0円 0円 0円
月会費・サポート料0円460円460円0円0円0円0円
初回金0円0円2,200円9,900円0円0円1,100円
メーカサイトアルピナウォーター【クリクラ】【クリクラ】ウォータースタンド信濃湧水ワンウェイウォーターワンウェイウォーター

(画像は各メーカのウェブサイトから引用)

4位から10位の特徴

ほとんどがRO水のボトル式ウォーターサーバー

・7種類の中の5種類がRO水のボトル式ウォーターサーバー。

水1L当たりの金額は115円~148円。(1位は109円)

・最安値(1位)と最高値の差は月額で1,147円にもなる。

7位のウォータースタンド ナノシリーズネオ(Neo)のみ水道直結型のウォーターサーバー

・水道直結型ウォーターサーバーは最も手間がかからないウォーターサーバー

・サーバーレンタル料がトップ10の中では割高のため7位となった。

8位の信濃湧水が唯一天然水のウォーターサーバー

・安く天然水のウォーターサーバーを使いたいなら信濃湧水一択。

9位10位のワンウェイウォーターはボトルの置き配が不可

・毎回水を対面で受け取る必要がある。

・水の配達時間に合わせ、必ず自宅にいなければならない。

 →単身・一人暮らしにとって負担が大きい。

・水1L当たりの価格は安いが、負担の大きさから9位10位とした。

(水1L当たりの金額では実質4位・5位に位置している)

スポンサーリンク

単身・一人暮らしにおすすめのウォーターサーバー

安いウォーターサーバーランキングにはランクインしていませんが、徹底調査した結果、単身・一人暮らしにおすすめのウォーターサーバーがあります。

それは、ウォータースタンドのガーディアンです。

ウォータースタンド_ナノシリーズ ガーディアン-2

(画像はウォータースタンドのウェブサイトから引用)

ランキング圏外
外観ウォータースタンド_ナノシリーズ ガーディアン
メーカーウォータースタンド
ウォーターサーバーナノシリーズ ガーディアン Guardian
水の種類浄水(水道水)
水1Lあたりの金額160円
1ヶ月当たりの金額4,813円
水30Lの金額6円
水30Lあたりの配送料0円
サーバーレンタル料4,400円
月会費・サポート料0円
初回金9,900円
メーカサイト ウォータースタンド

ナノシリーズ ガーディアン(Guardian)の特徴

①浄水タイプの中でサーバーレンタル料が比較的安い

⓶水道直結型なので手間がかからない

③水道水を浄水するから水代が安い

④電気代が圧倒的に安い

⑤水道水だからいくらでも水を使うことができる

⑥コンパクトなので置き場所の自由度が大きい

ナノシリーズ ガーディアン(Guardian)の特徴①:浄水タイプの中でサーバーレンタル料が比較的安い

ウォータースタンド_ナノシリーズ ガーディアン

(画像はウォータースタンドのウェブサイトから引用)

ナノシリーズ ガーディアン(Guardian)のサーバーレンタル量は月額4,400円(税込)

これは水道水を浄水するタイプのウォーターサーバーの中でも比較的安い。

1位のLocca リフィルサーバーの3,146円と比べると月額1,254円程度の差。

最高値はROスタンド(メーカ:ウォータースタンド)8,250円なので、この半額ぐらいの安さ。

しかも浄水用のカートリッジの料金や配送料も含まれています。

ナノシリーズ ガーディアン(Guardian)の特徴②:水道直結型なので手間がかからない

ナノシリーズ ガーディアンは水道から直接水が供給される水道直結型ウォーターサーバー。

ボトル式や浄水式のように、水を自分で補充する必要がありません。

水の補充にかかる手間は意外と大変

・ボトル式ウォーターサーバーで発生する作業

 ボトルの交換

 毎回配送されるボトルの受け取り

 ボトルの保管

 在庫管理(追加発注や定期配送のスキップ)

・浄水式ウォーターサーバーで発生する作業

 給水用タンクへの水の補充

水の補充に関係する作業は、1回や2回やるには大したことありません。

これを実際に毎日、毎週のようにやっていると、結構めんどくさいもの。

水道直結型ウォーターサーバーのガーディアンなら、水の補充についての手間から完全に解放されます。

ナノシリーズ ガーディアン(Guardian)の特徴③:水道水を浄水するから水代が安い

ナノシリーズ ガーディアン(Guardian)は水道水を浄水するので、水道代がかかります。

水道代の目安

水道代の目安は1L当たり約0.2円。

1ヶ月に30L使用しても、水道代はわずか6円ということになります。

30L使っても6円なら水代は無料のようなもの。

水を沢山使う方には、水道水を浄水するナノシリーズ ガーディアン(Guardian)は断然お得です。

水道代は各自治体の調査結果を参考とした

・仙台市 1リットル およそ0.2円

・東京都 1リットル 0.24円

・大阪市 1リットル 約0.1円

等々

ナノシリーズ ガーディアン(Guardian)の特徴④:電気代が圧倒的に安い

ナノシリーズ ガーディアンには、ウォーターサーバー業界初となる瞬間冷温水システムが搭載されています。

瞬間冷温水システム

水を使う瞬間に冷却・加熱を行うシステム。

冷水や温水を保温するためのタンクが不要となった。

このためシステムにより、保温に使う電力が不要。

使うときだけ冷却・加熱することで消費電力を大幅にカット。

月の電気代が150円と一般的なウォーターサーバーの20%以下と劇的に安い金額になっています。

今回のランキングでは電気代を除外していますが、このナノシリーズ ガーディアンだけは電気代が飛び抜けて安いのが特徴です。

ナノシリーズ ガーディアン(Guardian)の特徴⑤:水道直結型だからいくらでも水を使うことができる

ボトル式のウォーターサーバーだと、ボトルの水を使い切ってしまうとウォーターサーバーが使えなくなる。

すると追加で注文する必要があり、当然費用も発生します。

ナノシリーズ ガーディアン(Guardian)は水道からいくらでも水が供給されます。

水の補充などの手間が一切かからずに、いくらでも水を使うことができます。

しかも水道水のなので、ほぼ無料です。

フィルターの交換は6ヶ月

6ヶ月でフィルター交換が発生します。

専門のスタッフがサーバーのメンテナンスと同時にフィルターも交換。

いつも綺麗に浄水された水を利用できます。

ナノシリーズ ガーディアン(Guardian)の特徴⑥:コンパクトなので置き場所の自由度が大きい

ナノシリーズ ガーディアンは水を保温するタンクが不要。

そのためサイズが冷水・温水・常温水が使えるウォーターサーバーの中でずば抜けてコンパクトなサイズになっています。

だから設置場所の自由度が高く、ワンルームでも置き場所に困ることはありません。

ナノシリーズ ガーディアンの寸法

幅23cm×奥行23cm×高さ47.1cm

(ちなみにタンク付きのナノシリーズ ネオは幅26cm×奥行50.5cm×高さ50cm。奥行きが倍以上の大きさ)

次の画像は実際の設置例。

ちょっとしたスペースにピッタリおさまっています。

ガーディアン_設置例2
ガーディアン_設置例1

奥行きが小さいことと、高さも一般的なウォーターサーバーよりも小さい。

このコンパクトさから卓上で使いやすく、床置きのウォーターサーバーのように専用のスペースを占有しなくてすみます。

一般的なウォーターサーバーの背の高さ 120cm程度

ナノシリーズ ガーディアン(Guardian)の背の高さ  47.1 cm

ナノシリーズ ガーディアン(Guardian)の設置例
・台所周りの空きスペース
・キッチンカウンターの上
・ダイニングテーブル
・リビングのソファーの脇
・ベッドサイドテーブル
等々
(ただし水回りから離れると、水道から設置場所まで水を供給するチューブを通す必要があります)

ナノシリーズ ガーディアン(Guardian):まとめ

ナノシリーズ ガーディアン(Guardian)は1位のLocca リフィルサーバーと比べると、水1Lあたり51円の差と決して安くはありません。

Locca リフィルサーバー

・水1Lあたり109円

ナノシリーズ ガーディアン

・水1Lあたり160円

費用の安さを求めている方にはおすすめできません。

しかし長く使っていく上で、手間がかからず使いやすいというのは重要なポイント。

長く使うウォーターサーバーなら断然ナノシリーズ ガーディアンがおすすめ。

そしてコンパクトなサイズという点でも、単身・一人暮らしで使うのに適しているウォーターサーバーです。

ウォータースタンド

ウォータースタンド

単身・一人暮らし向けで安いウォーターサーバーランキング:まとめ

単身・一人暮らし向け安いウォーターサーバーランキング_まとめ

単身・一人暮らし向けにおすすめのウォーターサーバーを紹介してきました。

安く利用できるウォーターサーバーの特徴は次の通り。

単身・一人暮らし向けで安いウォーターサーバーの特徴

・水1L当たりの費用が安いウォーターサーバーは浄水型ウォーターサーバー

・ボトル式のウォーターサーバーの場合はRO水が4位以下にランクイン

・天然水は高額のためTOP10にはランクインしたのは信濃湧水のみ

・比較的手間がかからないのは浄水式

 最も手間がかからないのは水道直結型ウォーターサーバー

最後にランキングの結果を掲載しておきます。

ランキング第1位第2位第3位第4位第5位第6位第7位第8位第9位第10位
外観Locca_リフィルサーバー-2
エブリィフレシャス_ミニ-2ハミングウォーター_flows(フローズ)
アルピナウォーター_スタンダードサーバー床置き型
クリクラ_クリクラサーバーL型・S型
クリクラ_クリクラFitウォータースタンド_ナノシリーズ ネオ信濃湧水_スタンダードサーバーワンウェイウォーター_smartワンウェイウォーター_smartプラス
メーカーLoccaエブリィフレシャスハミングウォーターアルピナウォータークリクラクリクラウォータースタンド信濃湧水ワンウェイウォーターワンウェイウォーター
ウォーターサーバーリフィルサーバーmini(ミニ)flows(フローズ)スタンダードサーバー床置き型クリクラサーバーL型・S型クリクラFitナノシリーズ ネオ
Neo
スタンダードサーバーsmartsmartプラス
水の種類浄水(水道水)浄水(水道水)浄水(水道水)RO水(天然水をろ過)RO水RO水 浄水(水道水) 天然水RO水RO水
水1L当たりの金額109円110円113円115円137円140円142円142円113円114円
1ヶ月当たりの金額3,284円3,300円3,392円3,464円4,110円4,202円4,262.5円4,263円3,375円3,421円
水30Lの金額6円6円6円3,464円3,650円 3,650円 6円 4,263円 3,375円3,375円
水30Lあたりの配送料0円0円0円0円 0円 0円 0円 0円 0円 0円
サーバーレンタル料3,146円3,300円3,300円629円 0円 0円 3,850円 0円 0円 0円
月会費・サポート料0円0円0円0円460円460円0円0円0円0円
初回金3,300円0円2,200円0円0円2,200円9,900円0円0円1,100円
メーカサイトLoccaエブリィフレシャスミングウォーターアルピナウォーター【クリクラ】【クリクラ】ウォータースタンド信濃湧水ワンウェイウォーターワンウェイウォーター
詳細情報詳細を見る詳細を見る詳細を見る

ウォーターサーバーがあるととっても便利。

うまく活用することで、生活に豊かさを感じることができます。

いつでも冷たい水が飲める

お湯を沸かす手間がかからない

水を買いにく必要がなくなる

この水についてのちょっとした変化。

手間が減ることでストレスも減り、日常生活がより楽しく感じられます。

僕自身、徹底的に調査してウォーターサーバーを導入した結果、非常に満足して使っています。

あなた自身日常生活をより良いものにするために、今回のランキングがお役に立てたら幸いです。

↓ランキング一位 Locca リフィルサーバー

おいしい水を水道水から【Locca】

↓ランキング二位  エブリィフレシャス mini(ミニ)

お得な定額制の浄水型ウォーターサーバー【エブリィフレシャス】

↓ランキング三位 ハミングウォーター flows(フローズ)

水道水浄水型ウォーターサーバーハミングウォーター

↓ランキング圏外 おすすめのウォーターサーバー ウォータースタンド ガーディアン

ウォータースタンド

ウォータースタンド

ウォーターサーバーを検討中ならこちらの記事もどうぞ

【徹底解説】ウォーターサーバーは水道直結型がおすすめな9つの理由~メリット・デメリットも紹介~_アイキャッチ
【徹底解説】ウォーターサーバーは水道直結型がおすすめな9つの理由~メリット・デメリットも紹介~ 冷たい水も熱いお湯も、使いたい時に手軽に使える。 ウォーターサーバーが家にあると凄く便利。 そのウォーターサーバー...
ABOUT ME
キラ
ブログ「Spesial Life」を運営しているキラと申します。 当ブログでは、たった一度の人生を豊かに彩るための情報を発信しています。 目まぐるしく変化する現代社会の中で、思うような人生を送ることができずに困っていることはありませんか? 僕自身、大学卒業後、サラリーマンとして生きていくなかで、想像していた人生とはかけ離れた不満だらけの日々を送っていました。 それがある本と出会い、考え方と行動を変えることで、自分が望むような人生が手に入ることを知ったんです。 それ以来、自分自身の考え方と行動を変えることを実践して、人生を素晴らしいものへと変えている真っ最中です。 このブログでは僕自身の実体験を踏まえた人生を変える情報や考え方を発信しています。 あなたにとって素晴らしい人生が手に入るよう、一緒に行動していきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA