健康

理想的な体の条件 〜BMIと体脂肪率〜

以前の投稿で、BMI体脂肪率について詳細そして基準を掲載した。
両方とも肥満であるのか、標準なのか、それとも痩せすぎなのかを数値で判断することができる。
このBMIと体脂肪率の両方の数値を確認することで、より正確に自分の肥満度を把握することができる。
BMIと体脂肪率の両方で確認する意味
BMIは体重と身長から簡単に算出でき、手軽に肥満度を確認できるという意味で優れているが、体格は標準でも体脂肪の量が多いかくれ肥満等は判別できない等の欠点がある。
BMIと体脂肪率の両方で確認することでBMIだけで評価する欠点を補うことができる。
BMIと体脂肪率での肥満の判定
以下にBMIでの判定基準、体脂肪率での判定基準、両方合わせた判定基準を記載する。

BMIでの判定基準
低体重(痩せ型) 18.5未満
普通体重 18.5以上25未満
肥満(1度) 25以上30未満
肥満(2度) 30以上35未満
肥満(3度) 35以上40未満
肥満(4度) 40以上
体脂肪率での判定基準
男性 女性
25%以上 35%以上 高い
20%以上25%未満 30%以上35%未満 やや高い
10%以上20%未満 20%以上30%未満 標準
10%未満 20%未満 低い
BMIと体脂肪率を合わせた判定基準
体脂肪率 高い かくれ肥満 肥満
やや高い
標準 やせ 普通 かた太り
低い
低体重 普通体重 肥満(1度) 肥満(2度)以上
BMI

BMIと体脂肪率の両方を組み合わせることにより、肥満だけでなく
かくれ肥満
かた太り
という二つの状態も判定できる。
かくれ肥満とは、体重が正常でBMIが25未満であったとしても、体脂肪率が標準値を超えている状態である。
かくれ肥満の人の多くは内臓脂肪型肥満だといわれている。
内臓脂肪型肥満は代謝異常につながり、病気へと進行していくので真の健康を手に入れるためには改善が必要である。
かた太りとは、体脂肪は少ないが筋肉量が多いタイプである。スポーツマンに多くみられる。
まとめ
BMIと体脂肪率を組み合わせて判定することで、より詳しく肥満の判定をすることができる。
真の健康を手に入れるのに有効活用しよう。

ABOUT ME
キラ
キラ
ブログ「Spesial Life」を運営しているキラと申します。 当ブログでは、たった一度の人生を豊かに彩るための情報を発信しています。 目まぐるしく変化する現代社会の中で、思うような人生を送ることができずに困っていることはありませんか? 僕自身、大学卒業後、サラリーマンとして生きていくなかで、想像していた人生とはかけ離れた不満だらけの日々を送っていました。 それがある本と出会い、考え方と行動を変えることで、自分が望むような人生が手に入ることを知ったんです。 それ以来、自分自身の考え方と行動を変えることを実践して、人生を素晴らしいものへと変えている真っ最中です。 このブログでは僕自身の実体験を踏まえた人生を変える情報や考え方を発信しています。 あなたにとって素晴らしい人生が手に入るよう、一緒に行動していきましょう!