成功へのメッセージ

一瞬でやる気を出す方法〜あなたのやる気を引き出す7つのコツ〜

「やらなきゃいけないと思っているけど全くやる気が出ない。」

 

「頭ではわかっていても、気分がのらなくて行動できない。」

 

やる気が出なくて、なかなか行動を起こせないことってよくありますよね。

 

やらなきゃいけないとわかっているのに、全然やる気が出ないまま時間だけが過ぎていく。

 

そんな状況だと、自分に嫌気がさしたり、先行きが不安になったりと、つらい日々を送っているかもしれませんね。

 

もし今のあなたがやる気が出なくて仕方がない状態であったとしても大丈夫です!

 

なぜならその状態から簡単に抜け出し、やることをしっかりできる状態になる方法があるからです。

 

その方法について、これから紹介していきます。

 

 

少しだけやってみようとすると気軽に行動できる

やる気が出ないときは、全部やりきろうとするのではなく、まずは少しだけやってみましょう。

少しだけでもいいと思うことで、やる気が出なくても行動を起こすことができます。

 

ポイントは、少しでもいいからまず行動を起こすということ。

なぜなら、やる気というのは行動することで高まっていくからなんです。

 

気合を入れてやる気を出そうと思っても、なかなかやる気は湧いてこないもの。

逆にやる気が出てこない自分に対して失望したり、嫌悪感が出たりして、かえってモチベーションが落ちてしまいます。

 

ですから無理矢理やる気を出そうとするのではなく、まずほんの少しだけ行動してみるんです。

 

例えば、散らかった部屋の片づけに対して全くやる気が出なかったとしましょう。

全部片づけて綺麗な状態にしようと思っても、その大変さについ二の足を踏んでしまう。

この状態のままでは全く片付ける気は起きません。

 

そんな時は、全部片づけるのではなく一つだけ片づけてみるんです。

「床に落ちているごみを一つだけごみ箱にすてる」とか、「シンクにたまった食器を一つだけ洗う」というぐらいの内容でOKです。

 

どうですか?

このぐらいならやる気がなくても行動できそうな気がしませんか?

 

そう感じることができたら、早速行動を起こしてみましょう。

 

例えば、たまった食器の一つだけを洗うことに決めたとします。

そして実際に一つ洗ってみると、不思議なことに、

「せっかく一つ洗ったんだから、もう一つぐらい洗ってもいいかな」

という気になってくるんです。

 

これは実際に行動することで「やる気」が湧き上がってくるから。

実はやる気というのは行動についてくるものなんです。

ですから一つ食器を洗ったという行動が、あなたの「やる気」に火をつけます。

 

すると一つだけ洗うつもりだったのが、やる気が高まってきて、気づけば全部洗い終えていたということが起きてくるんです。

 

全部やろうとせずに、まずは少しだけでいいから行動してみる。

 

その行動があなたのやる気を引き出し、望む結果を得ることにつながるんです。

 

完璧を求めないことで行動のハードルを下げる

完璧な結果を出そうと考えることが、やる気を起こさせない場合があります。

完璧を目指して高い結果を出そうとすることが、自分にプレッシャーをかけてしまいます。

それが行動を起こす気をなくさせてしまうのです。

 

必ずしも完璧な結果を出す必要はありません。

それよりも完璧を求めたことで、行動できないことのほうが問題です。

 

完成度が低くてもいいから、まず行動を起こしましょう。

完璧でなくてもいいんだとハードルを下げることで、やってみようかなという気がでてきて行動できるようになります。

 

ハードルを下げて行動を起こした結果、もしかしたら失敗してしまうこともあるでしょう。

たとえ失敗したとしても大丈夫です。

なぜなら、失敗はいけないことではないからです。

 

もしかしたら、あなたは失敗はいけないことであると思っているかもしれません。

完璧を求め、失敗をいけないことだと思っていると、失敗を恐れて行動できなくなってしまいます。

 

失敗は決していけないことではありません。

逆に失敗というのは、うまくいくために必要な経験です。

失敗することなしに、全て完璧にうまくいっている人など世の中に一人もいません。

皆、失敗を積み重ね、そこから得た経験を活かすことで結果を出しているんです。

 

完璧じゃなくてもいいんです。

失敗してもいいんです。

 

まずはハードルを下げて行動を起こしてみましょう。

そして、失敗したとしても気を落とすことはありません。

逆に失敗のおかげで経験を積むことができるのです。

失敗して落ち込むのではなく、失敗を糧にすることであなたが成長できることを喜びましょう!

 

失敗した経験を活かし、次の行動を起こすことであなたは成長を積み重ねることができます。

その結果、あなたが今思い描いている完璧な結果を出せる自分へと成長することができるんです。

 

スポンサーリンク

人に宣言することでやる気が出てくる

覚悟を決めて、人に「〇〇をやります!」と宣言するとやる気が湧き上がってきます。

これは人に宣言することで、「自分で言ったからには絶対にやるんだ!」という強い気持ちが自分の内側から湧き上がってくるから。

 

すると行動せずにはいられなくなるほど、やる気がみなぎった状態になるんです。

 

こうなれば、あなたがやると決めたことをやりきるまで、やる気がなくなることはありません。

 

ただ、この方法には注意が必要です。

最初に「覚悟を決めて宣言する」と書きましたが、この「覚悟を決めているかどうか」が重要なポイントになります。

 

もし覚悟を決めずに宣言したとしても、あなたのやる気がでてくることはありません。

逆に宣言したことがプレッシャーになってしまったり、宣言はしたものの口先だけで全くモチベーションが上がらなかったりして、行動できなくなる危険があります。

 

「何が何でも絶対にやるんだ!」という強い覚悟ができたときだけ、人に宣言するようにしましょう。

覚悟が決まった状態で宣言したとき、あなたはとてつもなくやる気がみなぎってくることに驚くことでしょう!

 

目標設定を低くして小さな成功体験を積み重ねる

高すぎる目標を設定すると、せっかく目標設定したにもかかわらず、全くやる気が出てこないことがあります。

なぜなら、その高い目標を達成できるということを、自分で信じることができないから。

 

自分が信じられなければ、やる気なんて出ません。

 

そんな時は目標を低いものへと変えてみることです。

すると「このぐらいの目標ならなんとか達成できる!」と目標の達成を信じることができるようになります。

その結果、失われていたやる気がムクムクと湧き上がってくるんです。

 

これは目標を低くして高い目標をあきらめようということではありません。

高い目標というのはいきなり達成できるものではなく、地道な行動を積み重ねることにより達成することができるもの。

つまり低い目標達成を積み重ねるから、その先にある高い目標を達成することができるんです。

 

ですから、いきなり高い目標に向かおうとしてやる気が出ないのであれば、目標を低くしてやる気を上げることが大切なんです。

 

低い目標であったとしても、それを達成することで目標達成したという小さな成功体験を得ることができます。

この小さな成功体験が、あなたのやる気をさらに盛り上げます。

そして、やる気に満ちた状態で行動を続け、次から次へと小さな成功体験を積み重ねていく。

これにより、最初はやる気すら出なかった高い目標を、あなたは達成することができるんです。

 

スポンサーリンク

今できることから実行する

今できないことにとらわれて、やる気が起きないこともあります。

できないことについていくら考えたとしても、どうすることもできません。

どうにもできないことに集中するのをやめ、今できることに意識を向けるとやる気がわいてきます。

 

例えば、休日に晴れたら、子供を連れて家族で公園に遊びに行こうと思っていたとします。

ところが当日は、晴れるどころか土砂降りの雨になってしまいました。

この時に、「雨では公園に遊びに行けない。」と遊びに行けないことにとらわれると、やる気が起きず、遊びに行けないことを悔やんでいる時間が続いていきます。

 

今雨が降っているという状況を、自分の力で変えることはできません。

できないことにとらわれていると、せっかく楽しく過ごそうと思っていた休日が、公園に行けないことを悔やんでいるまま終わってしまいます。

 

そんな時は、「雨のために公園で遊べない。」というできないことにとらわれるのではなく、「雨でも家族で遊べる方法を探す。」というような今できることに意識を向けましょう。

今できることに意識を向けると、やる気が起きてきます。

すると、「室内の遊び場に行こう!」とか「家でできる遊びをしよう!」というようなアイディアが浮かび、家族で休日を楽しむことができるんです。

 

その他にも、

「景気が悪いからどうにもならない」とか、

「社長の方針が変わらなければうまくいかない」

というような、社会情勢や人の考え方など、自分の力ではどうにもならないことにとらわれるのではなく、今の自分にできることに意識を向けましょう。

 

今できることを見つけて行動することで、あなたのやる気はどんどんアップしていきます。

 

そしてその行動が状況に変化を起こし、あなたが望む結果を引き寄せるんです。

 

できないことではなく、今できることに意識を集中しましょう。

これが、やりたくてもできないという望まぬ状況からあなたを解き放ちます。

すると、やる気が出なかった状態が嘘であったかのように、モチベーション高く行動できるようになるんです。

 

やる気を奪うものを遠ざける

やる気を出す以前に、あなたのやる気を奪うものが身近にありませんか?

もし思い当たるものがあるのであれば、あなたの近くから遠ざけてしまいましょう。

それがあなたのやる気がなくなるような事態を未然に防ぐことができます。

 

例えば、

ついだらだらとみてしまうテレビ

あなたに否定的な言葉をかける友人

愚痴をいい合うような飲み会

暗い話題ばかりのニュース

等々

 

あなたが触れることで、やる気が奪われてしまうようものは避けるようにしましょう。

せっかくやる気があるときに、それを奪われてしまってはもったいありません。

 

やる気を出す方法を実行するのも大切ですが、それと同じぐらいあなたのやる気を奪うものを遠ざけることも大切なことです。

 

スポンサーリンク

習慣化するとやる気に関係なく行動できる

やる気に関係なく行動することができる。

この状態になることが、やることをしっかり行動するための究極です。

 

その究極の状態とは「習慣化」です。

 

あなたがやろうとしていることが習慣化すると、全くやる気に関係なく行動ができるようになります。

なぜなら習慣化すると、行動することが当たり前になるからです。

 

例えば、朝歯磨きするのに「やる気が出ないから歯磨きしない」と思う方はあまりいないのではないでしょうか?

きっと意識することなく毎朝歯磨きをしていることでしょう。

 

これは歯磨きが習慣化されているから。

歯を磨くことが当たり前になっているので、やる気に関係なく自然と歯を磨くことができているんです。

 

あなたがやろうと思っていること習慣化できれば、歯磨きと同じく当たり前のように行動できるようになります。

 

ではどうしたら行動を習慣化することができるのでしょうか?

 

ポイントは次の3つ。

 

①最低限これだけやればOKという思いっきり簡単な内容を決めておく。

②中断したらすぐに再開する。

③当たり前になるまで毎日繰り返し行動する。

 

この3つのポイントについて、ジョギングを習慣化する例をまじえながら紹介していきます。

 

①最低限これだけやればOKという思いっきり簡単な内容を決めておく

習慣化に失敗する最大の原因は頑張りすぎること。

「よし!これを習慣化するぞ!」

と気合が入った状態で習慣化の目標を立てると、つい高すぎる目標を設定してしまうもの。

最初はモチベーションが高いので、高すぎる目標であっても達成できるものです。

しかし、ちょっと気分がのらなかったり、急用で時間がとれなかったりすると、すぐに挫折してしまうんです。

 

ジョギングでいえば、普段全く走っていなかった人が、毎日10km走るという目標を立てるようなこと。

最初は10km走れるかもしれません。

ところが日が経つにつれ、走れない日が出てきてしまうものです。

 

疲労がたまって走れない日がでてきたり、

走る時間が確保できなかったり、

10kmも走る気になれなくて休んでしまったり、

 

このようにして走れないことが続くと、習慣化する前にやめてしまうんです。

 

高すぎる目標を立てると習慣化するまで続けることができません。

そこで最低限これだけやればOKという簡単な内容を決めておきましょう。

 

ジョギングでいえば、「ランニングウェアに着替えて外に出たらOK」というぐらいの内容。

着替えるだけですから、どんなに気分がのらなくても、忙しくて時間がない日でも実行できることでしょう。

 

このぐらい簡単な内容を決めておくことで、習慣化するまで毎日行動を継続することができうようになるんです。

②中断したらすぐに再開する

どんなに簡単な内容を決めていたとしても、うっかり忘れてしまったりして行動できなくなってしまうこともあります。

行動できなかったことに気づいたら、すぐに再開するようにしましょう。

なぜならすぐ再開しないでいると、だんだん行動する気が起きなくなってしまうから。

逆にすぐ再開すれば、簡単に継続することができるんです。

 

例えば、ジョギングするのをうっかり忘れてしまったら、翌日には必ず走るようにするんです。

何日休んでしまうと、ジョギングすること自体が頭から抜けていってしまいます。

すると完全に忘れてしまい、習慣化することができません。

 

すぐに再開すれば、「ジョギングを習慣化したい」ということを忘れることはありません。

ですから、また習慣化に向けて歩みを進めていくことができるんです。

 

③当たり前になるまで毎日繰り返し行動する

①②のポイントを実践しながら、行動が当たり前に感じられるまで、毎日繰り返し行動しましょう。

当たり前に感じられるようになることで、行動しないでいることが気持ち悪く感じられるようになります。

ここまでくれば、習慣化できたといってよいでしょう。

 

では何日続ければ習慣化できるのでしょうか?

習慣化するまでは3週間かかるという説があります。

 

この期間はあくまで目安ですので、あなた自身が当たり前に感じられるまで毎日繰り返し行動しましょう。

 

3週間と聞くと長く感じるかもしれません。

もしかしたらそんなに続けるのは無理だと感じるかもしれません。

それでも、最低限の内容を決め、中断してもすぐに再開することを実践してみてください。

思いのほか簡単に習慣化できるので、きっと驚くと思いますよ!

 

 

この3つのポイントを実践することで、あなたがやろうとしていることを習慣化することができます。

習慣化すれば、やらないでいることのほうが気分悪く感じますので、必ず行動することができます。

ここまでくればやる気は関係ありません。

 

ジョギングの例でいえば、多少体調が優れなくても、天気が悪くてジョギングしにくい日であったとしても、自然とランニングウェアに着替えて走り出しているようになります。

 

あなたがやろうと思うことの習慣化に是非取り組んでみてください。

習慣化することで、やる気が出なくて行動できないということがなくなります。

 

 

「まとめ」あなたがやりたいと思うことは必ず実行することができる

ここまで紹介してきたことを実践すれば、あなたがやろうと思っていることをしっかりやりきることができるようになります。

 

今までやる気が出なくて、全然行動できなかったとしても大丈夫です。

 

簡単にできることからで構いません。

無理せず一歩一歩進んでいきましょう。

 

そうすれば、あなたのやる気に火をつける方法を必ず身につけることができます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

あなた自身がやりたいと思うことをしっかり実行できるようになり、人生が充実した素晴らしいものになることを心から願っています!

 

〜より良い人生にするためにオススメの本〜

世界で一億部を突破している成功哲学の歴史的名著!

 

 


ABOUT ME
mitsuo
mitsuo
ブログ「Spesial Life」を運営しているmitsuoと申します。 当ブログでは、たった一度の人生を豊かに彩るための情報を発信しています。 目まぐるしく変化する現代社会の中で、思うような人生を送ることができずに困っていることはありませんか? 僕自身、大学卒業後、サラリーマンとして生きていくなかで、想像していた人生とはかけ離れた不満だらけの日々を送っていました。 それがある本と出会い、考え方と行動を変えることで、自分が望むような人生が手に入ることを知ったんです。 それ以来、自分自身の考え方と行動を変えることを実践して、人生を素晴らしいものへと変えている真っ最中です。 このブログでは僕自身の実体験を踏まえた人生を変える情報や考え方を発信しています。 あなたにとって素晴らしい人生が手に入るよう、一緒に行動していきましょう!